チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」

ここでは、「チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.06.03 | 更新:2018.12.17
20170603_dan_kougai_1.jpg

前回は、俺のタイでの お勧めナンバーワンのカオマンガイ屋 「ダンカオマンガイ」(デーン カオマンガイ)の、秘伝の調理法について書かせてもらった。

その記事の中で少し触れたように、「サムイェーク(サムエーク)市場」[Sam aek Market] 内の『ダンカオマンガイ』は 昼の12時を待たずに「売切れ御免!」となってしまう事が多々ある。

そんな訳で今回は、近隣で少し営業時間をずらしてやっている同一店舗を紹介する事にしよう。



本店 支店 兄弟店舗


もう一方の店舗は、市場内の店からさらに 1.2 kmほど郊外に行った所にある。

便宜上 俺のブログでは、

  • 既存の紹介済み店舗を
    「ダンカオマンガイ 市場店

  • 今回紹介する少し郊外の店舗を
    「ダンカオマンガイ 郊外店

と呼ばせてもらう。


基本 店名や連絡先等も全て同じなので、同店舗と理解していいだろう。

本店支店の区別もあいまいなので、俺のブログでは上記の様な呼び方で区別する。


「郊外店」 紹介の経緯


「郊外店」は上述の様に「市場店」よりさらに郊外にあるので、単体店舗として考えた場合、旅行者がチェンマイ市内から簡単に行けるエリアではない。

そんな訳で、去年「市場店」に関して記事を書いた時は、面倒なんで割愛させてもらった。


しかし今年に入って、「市場店」で昼時に2回も空振り(売り切れ閉店)に遭遇してしまったマヌケな俺。

そんな時は、営業時間を少し後にずらしてやっている「郊外店」へと足を伸ばしていた。


そこでふと、、、

「あれ、俺の記事を読んで、同じように市場店を昼時訪店し、空振りする読者の方が出るとまずいなぁ。」

という事に気が付き、遅ればせながら郊外店も やはりエントリーを上げさせてもらうことに。


お店の場所


お店の場所は、、、

まずは、市場店の横の通りをさらに郊外へまっすぐ進む。

約1.2キロ程行くと右手にガソリンスタンドが見えてくる。

20170603_dan_kougai_2.jpg
店の斜向いのガソリンスタンド

そこを通り過ぎたらすぐ左手に目指す店はある。


店の前には 趣味の悪い 可愛い鶏のオブジェが置かれているので、すぐにわかる。

20170603_dankaomangai_tori.jpg
この鶏が目印!

と書くと、ガイドブックやグルメブログであれば文章が冴えるんだが、実際には営業中殆んどの時間帯は、店の前にもビッチリ車が停まっていており、鶏のオブジェも隠れがち 見過ごしやすいので、上記ガソリンスタンドを目安に行く様にしよう。

20170603_dan_kougai_3.jpg
「ダンカオマンガイ」 (デーンカオマンガイ) 郊外店
*営業時間外に撮影

お店の場所 google 座標 : 18.821575, 99.033153


この店の場所をピンポイントで考えると、チェンマイ中心部に滞在し移動手段の限られる観光客には、かなり遠くて不便な場所。

ちょっと一般の旅行者向きじゃないかなぁ、と言うのが正直な所。

住所的にも県庁所在地チェンマイ郡(ムアンチェンマイ)をはずれる。


営業時間


「市場店」は、朝の7時前後に開店し 鶏が無くなり次第(大体11時台~14時位の間)に閉店。

閉店時間が異常に早いときがあるのが難点だ。


「郊外店」 の方は、1時間程ずらして 朝の8時頃に開店。

そんな訳で郊外店の方は、お昼前に早終いする可能性は殆んど無い(人気店なので例外はあるが)。

2018年11月14日_追記
現在では、朝8時前でも開店しています。


お店の雰囲気


20170603_dan_kougai_4.jpg

「郊外店」は、さすが中心部から離れているだけあって、ゆったりした間取りの店舗。

店内と店の敷地内には多数のテーブルが用意され、「市場店」とは違い普通に座って普通に食べることが出来る。

20170603_dankaomangai_garden.jpg
テラス?席もある

狭い店内の隅で、店の賄いを食べている様な雰囲気になる「市場店」とは大違いだ。


車で行っても、表の通りにいくらでも駐車が可能。


移動手段があって、普通に座って普通に食べたい人や、皆で和気あいあいと楽しく食べたい人は、ちょっと遠いが、はじめからこちらの店舗を目指すのもいいかもしれない。

2018年11月14日_追記
テラス席だった所に屋根ができ、テーブル数も増え 収容人数大幅アップ!


実食 郊外店の絶品カオマンガイ


20170603_dan_kougai_5.jpg
カオマンガイ 大盛 30バーツ

基本 同一店舗なので、「市場店」との味の差は ほとんど無いと言っていいだろう。

「市場店」で仕込んだ鶏を「郊外店」まで運んだりもしているんだが、仕込みは市場店で一括なのか、郊外店で足りない分を運んでいるのか、ちょっとその辺は定かではない。

後は、切り分けや盛り付け等で若干の差がある程度かな。


「郊外店」では、店内や敷地内の庭のテーブルで、家族や友達とゆったりと食べられることもあり、鶏肉を別盛を注文して、みんなでつつきながら美味しそうに食べているタイ人も多い。

あの殺伐とした「市場店」の店内とはえらい違いだ。

まあ俺的には、あの「市場店」の怪しげな雰囲気、決して嫌いではないんだが。


総合評価では、当たり前だが「市場店」同様、

うめぇぇぇえええ!!!!!

って感じかな。


ちょっと町の中心部からは遠いけど、味の方は保証付きだ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「コーイー カオマンガイ」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「キアットオーチャー」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「クリット オーチャー」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 超有名店「ナンタラーム」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 第二位「ウワン オーチャー」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 第一位「ダン カオマンガイ」

絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」

【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】(当エントリー)
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】
「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】
雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】
ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】


チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇


タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/415-275783e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック