チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた

ここでは、「チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.06.07 | 更新:2017.08.16
20170607_okmotobike_cover.jpg
「OK MOTO BIKE」

今年に入って、飛行機でチェンマイに行く事があり、現地での足が無いのでバイクを借りた。

通常は色々な手間暇を考えて、宿泊している宿の近くで借りることが多いんだが、今回は時間もあったので、以前紹介した「99バーツ」(約320円)と表示のある店で借りてみた。

チェンマイでバイクを借りる レンタル料金が安い店

この店は2店舗あるが、今回はお堀の北側の店で借りてみた。

お店の場所 Google 座標 : 18.795327, 98.984365


必要書類


必要書類はパスポート。

通常俺はパスポートを持ち歩かないんだが、この時はたまたま持っていたので、デポジットは払わずパスポートで。


海外では命の次に大事なパスポート。

店の兄ちゃん、俺の目の前で壁にある簡易金庫の中に 俺のパスポートをしまってくれた。

店によっては、机の引き出しにポイっ なんて所も多いんだが、この店は激安レンタル店の割にはしっかりしているなといった印象。


料金


店の表の看板には99バーツとでかでかと書いてあったが、実際には1日だけのレンタルだと150バーツ、2日以上借りる場合には一日99バーツとなるそうだ。

まあそうだよな、自転車貸す訳じゃないんだから。

色々面倒な書類も書いたりして、全部でたった99バーツだけじゃ やってられないもんあぁ。


取り敢えず借りる予定日数分の料金をその場で先払い。


返却予定日をオーバーした場合は、1時間あたりいくらとか、何時間以上は1日分とか、契約書にも書いてあり、口頭でもきちんと説明してくれた。


レンタルバイクのコンディション


借りるバイクは、1日99バーツなんで まあそれなり。

傷も多いし、ほとんどのバイクはシート破けあり。

20170607_cnx_bikerent_1.jpg

一応その中でも、シートだけは破けの少ないバイクを選ばせてもらった。

20170607_cnx_bikerent_2.jpg
破けは ケツに近くないい物を
(特に雨季)


但し俺の場合、チェンマイ市内でチョコチョコ動くだけだったので、これでも十分だ。

極端な話し、もっとボロくても ちゃんと走ればそれでいいやと言った感じだ。


逆に観光客の方で、山の方へ行ったり長距離を乗るつもりの人は、このレベルだと ちょっと厳しいかもしれない。


車両の傷やダメージの確認


この店の契約書には、他のレンタルバイク屋の様に、レンタル車両の傷をチェックする項目が無かった。

まあ元々傷だらけの車両だからだろうか?

一応念の為、自分の携帯で バイク周りを一周動画撮影。


ガソリン


ガソリンは、かろうじて1目盛分だけ入っていた。

返すときはどうするのか聞くと、同じくらいの量のガソリンで返してくれればいいとの事。

同じくらいって言われても、ほとんど入ってないけど。

何か結構適当。


通常、カラに近い状態で貸し出すのが基本の様だ。


総合的な感想


実際街中をチョイノリするだけだったんで、コンディション的には全く問題無かった。

スピードメーターは壊れて動かなかったが、マイペンライ。


車両に関しては想定範囲内だったが、全体的に貸出しのヘルメット(の内側)が汚かったのだけがちょっと気になった。

長期で借りる人は、ヘルメットだけは その辺のスーパーで300バーツ位で売っているので、自前で買ってしまった方が気分良く乗れていいかもしれない。

とにかく頭に被せるだけ、警察に捕まらなければいいと言う人は、街中のヘルメット屋で、工事現場のヘルメットに毛の生えた程度の物が100バーツ台から売られている。


このお店、激安レンタル屋の割には、色々な説明等もきちんとしており、かなりしっかりとした印象を受けた。

「パスポートの保管」「返却時の営業時間に関する注意」「ガソリンの種類」などなど、やはり大陸系のモンスター観光客にもまれているチェンマイ中心部で営業しているだけあり、こういった所に関してはそつがない。


借りる時は性悪説で


但し、海外でのこの手のローカルレンタルでは「しっかりしている、親切 = 信用できる、だます様な事はしない」の図式が常に通用する訳ではない。

生き馬の目を抜く海外観光地、「貸すときは仏の様に、返却の時は鬼の様に。」がグローバルスタンダードだという事を常に念頭に置き、あくまでも性悪説を持って借りる様心がけよう。


尚、借りる時の細かい注意点は 過去記事にまとめてあるので、下記エントリーを参照していただきたい。
タイ国内でのレンタルバイク その手順と注意事項を徹底解説!(2017年5月30日_追記)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】(当エントリー)
「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】
雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】
ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】


チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇


タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/417-0b1f80ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック