ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ]

ここでは、「ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.06.14 | 更新:2017.08.16
20170614_arunothai_gyoza_cover.jpg

さて、前回「ファン」のグルメ記事を書いたので、ついでに もう1つ食べ物の話題を。


前回までに紹介した「ファン(郡)」のエントリーの前に、「チェンダオ(郡)」に関して書いたのを覚えているだろうか。

実は、この二つの隣り合わせの町(郡)とミャンマー国境に接する、ゴールデントライアングル(とは誰も呼ばないと思うが、笑)の小さな村に、非常に有名な餃子の店がある。

タイ北部では、日本人在住者やツーリングでこの近辺を回る人が必ず立ち寄る、雲南麺と餃子の店だ。

このへんを通る人で、知らない人はいないんじゃないかな。

20170614_arunothai_gyoza_1.jpg
「大勇雲南麺館」
[Tayoung Yunnan Noodle Restaurant]

営業時間 : 10:00-18:00


お店の場所


お店の場所はチェンマイ県チェンダオ郡最北端、ミャンマーとの国境までは1キロ足らず、タイ北部によくある中国系の村の中にある。

村の名前は「アルノータイ村」 [Arunothai]。

すぐ右隣りは もうチェンダオではなくファン郡になる。

言うなれば、「ミャンマー」「チェンダオ郡」「ファン郡」に隣接する

「ゴールデントライアングルの餃子だ!」 (笑)


相変わらず訳のわからん俺の説明、、、

お店の場所 Google座標 : 19.741394, 98.963623


地理的には、チェンダオから真北へ向かい、この店のある国境の村を過ぎしばらく行くと、ファン郡の観光名所「ドイアンカーン」への山岳道路になる。

そんな訳で 俺の頭の中では、「ドイアンカーンの餃子屋」と言うイメージなんだが、一応住所的には「チェンダオの餃子屋」だ。


この店は、通常観光客が通る主要道路からは少し道が外れるので、初めての人は出来るだけナビの座標で行く様にしよう。


お店の様子


20170614_arunothai_gyoza_3.jpg

お店はまあ、タイ北部の国境の田舎町にある雲南系の店。

「小さな村の餃子屋で、雰囲気もばっちり!」、と言いたい所だが、、、


お店の内外あちこちには写真やメニューが貼られ、英語表記がこれでもかと言う位に書かれている。

20170614_arunothai_gyoza_2.jpg

チェンマイのニマンヘミン通りにある、観光客相手の店みたいだ。

さすがは娘を、餃子で大学まで行かせただけある。


それにしても、英語の表記が ちょっとクドすぎ。

こんな場末の村にわざわざ食いに行くんだから、もう少し風情を残してくれるといいんだけどなぁ。


昼時は、もう地元客や観光客で大繁盛、観光シーズンの時期はバンコクナンバーの車が道路に溢れる。


メニュー


基本 取扱は、麺(バミー)と餃子系(ワンタン含む)。

20170614_arunothai_gyoza_5.jpg
バミーナーム(雲南スープ麺)

お店は雲南系の店だが、この店の麺は、太めの雲南麺と言うよりは街中の細めなバミーに近い。

餃子は旨いが、麺類はまあ普通、特筆すべき物は何もない。

オマケ程度と考えよう。


餃子


ここの焼餃子 手作りは勿論だが、冷凍や作り置きをしていないので、具はジューシーで皮はパリパリ。

日本からの旅行者が食っても 旨いと感じると思う。

たまーに焼く時に、ちょっと油引きすぎかなと思う時もあるが、そんなにくどくはないのでマイペンライ。

20170614_arunothai_gyoza_4.jpg
絶品餃子!
40バーツ

小ぶりなので食べやすく、嫌いでなければ一人最低2皿と言った感じかな。
一皿6個(40バーツ)以外もあるが、焼き立ての方がパリパリで美味しいので、一皿目が2個位になったら次を頼もう。

まあ大人数の場合は、8個50バーツ、10個60バーツなどもある。


本来であれば、ビールと共になんていうのが最高なんだが、ここの後にアンカーン方面へ行く時は、タイ特有のデンジャラス山道が待っている。

車移動で運転者の方は 同伴者の事も考え、たとえ一滴と言えども飲まない様にしよう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】
「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】(当エントリー)
雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】
ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】


チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇


タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/422-642d74d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック