「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方

ここでは、「「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.06.21 | 更新:2017.08.16
20170619_maesalong_cover.jpg

「ドイメーサロン」は山の上にある村なので、当然チェンマイ・チェンライなどより格段に涼しい。
観光資源は、その涼しい気候と素晴らしい山肌の眺め。
その のどかな景色を眺めながら のんびりと過ごす、これがメーサロンでの過ごし方だ。


「ドイメーサロン」 [Doi Mae Salong] 村の様子


基本は、村の中を走る1本道沿いに、色々な店や家が点在する。
右を見ても左を見ても中国語、タイじゃないみたいだ。
使用言語も、第一標準語は中国語。

山の中の村なので、中心部の道路でもアップダウンはそこそこある。
運動不足の人には、ちょっと歩くだけでも一苦労。

村の中に、件数は少ないが副業的にレンタルバイクを扱う店もある。

銀行は「タイミリタリーバンク」[TMB]のみ。

ランドマーク

村の中心となるのは、ソンテウなどが停まる街中の大きなゼロキロポスト(記念写真ポイント)と、少し離れた所にある 村で唯一のセブンイレブン(バイタクは通常ここに待機)。

20170621_maesalong_zerokilopost.jpg
ゼロキロポスト
場所 Google 座標 : 20.159032, 99.622620

セブンイレブン
場所 Google 座標 : 20.165443, 99.627214

この2か所だけは、今後も話の中で頻繁に出てくるので、ランドマークとして必ず頭に入れておこう。

野良犬 犬の放し飼い指数

町の中心部には、野良犬や放し飼いの犬は非常に少ない。
朝晩のジョギングや散歩も、全く問題なし。

マシマシの犬危険度指数
★☆☆☆☆

但し中心部を離れて、山中の山岳民族の村に入って行く場合は、この限りではない。


ホテル ゲストハウス


宿泊施設は非常に多い。
シーズン中とそれ以外の値段差は強烈。
料金は避暑地という事もあり、通常の北部都市と比べると比較的高め。

上記の様に、基本は涼しい時期が長いので、冷房無しのホテルも多い。
冬場はかなり寒くなるので、ガスシャワー必須。
電気温水器の宿はお勧めしない。

一年を通して 日本からの旅行者は、何故か「新生旅館」[Shinsane Guesthouse & Bungalow]を利用する人が多いんだが、、、
なんでだろう?
もっと頑張って探せば、いい所がいっぱいあるのに。

因みに俺達も メーサロンに宿泊する時は、タイ北部の通常都市に泊まる場合より、予算を上げて滞在する。


観光


メーサロンは避暑地としての位置づけなので、タイ人やリピーターはあまり村のなかでの観光はしない。
眺めのいい宿でまったり、というパターンが多いかな。

以下は、初訪問の一般旅行者向けの観光ポイントだ。
一応旅行記と言う名目なんで、たまには 観光に関しても書かないと。(汗)

お茶

20170621_maesalong_tea.jpg

お茶畑見学とお茶屋で試飲、お茶の購入。
まあ店にもよるが、この村のお茶は中々美味しい。

段将軍のお墓

20170621_maesalong_gendan_2.jpg

村を見下ろす山の中腹に、国民党の「段将軍」という人のお墓が建てられている。
村のメイン通りの鳥居が入り口になるんだが、そこから山の中腹にあるお墓までは、結構歩く。(当然坂道)

20170621_maesalong_gendan_1.jpg
入り口の鳥居
場所 Google 座標 : 20.159949, 99.622532

上まで楽して行きたい場合は、セブンイレブンの近くにいるバイクタクシー利用を推奨。
車の場合、鳥居をくぐって上まで自走で行ける。

尚、自分で登っていく場合、途中で道が二股に分かれる。
お墓の方向を明記した看板は無いので、そこは左に。

山の上のお寺(パゴダ)

20170621_maesalong_pagoda_1.jpg
「Sinakarintra Stit Mahasantikhiri Pagoda」
場所 Google 座標 : 20.159949, 99.622532

メーサロンの村が一望できる山の上にあるお寺(パゴダ)。

20170621_maesalong_pagoda_2.jpg
外が暑い時でも、中は涼しい。

死ぬ気で歩いて登るんであれば階段あり。
外人観光客が、嘘か本当かは不明だが、700段あると言っていた。

一般旅行者の場合、上記の将軍のお墓と同じくバイクタクシー推奨。

車の場合、山をぐるっと回り込むルートになり、寺の横には駐車場あり。
下記座標の二股を、メインの通りから脇道に入り、山道を道なりに登って行くと到着する。
Google 座標 : 20.158697, 99.622290

道の途中にも展望台があり、メーサロンの裏側の山並みが一望できる。

20170621_maesalong_viewpoint.jpg
途中の展望台

山岳民族

あとは観光と言ったら、山の中に点在する アカ族など山岳民族の村の見学とか位かな。
まあ、わざわざ村に行かなくても、街中でも普通に見れるけど。

20170621_maesalong_ahka.jpg
マキを集めて家路につく山岳民族の人
まだ こんな風に、毎日マキを集めてるなんて、凄いよなぁ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】
「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】
雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】(当エントリー)
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】
ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】


チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇


タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/427-12578dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック