エアアジア 機内持ち込み手荷物ルール 変更されて厳しくなった!

ここでは、「エアアジア 機内持ち込み手荷物ルール 変更されて厳しくなった!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.06.30 | 更新:2017.07.23
今回の一時帰国、成田からバンコクへの戻りは、いつものエアアジア。

エアアジア[Air Asia] XJ607便 成田(Narita)-バンコク(DMK) 20:55-01:35(+)

以前よりスケジュール的には、40分位発着共に遅くなっている。


チェックインの開始と並び状況


チェックインは、17:55からと入り口のボードには書いてあったが、実際には17:30にアナウンスが入りチェックイン開始。

201706301_1.jpg
チェックインゲートの案内板

早めに開くなんて、かなり珍しいケースだ。


18:00ちょっと前に覗くと、チェックインの列40人位、バックドロップ(チェックイン済み)の列は10人位だった。

10人位ならすぐ終わるだろうと思い、並ぶことに。


全く進まない並びの列


まあ、いつもの事なんだが、山の様なお土産物や買い物荷物のタイ人多数。

手荷物が多すぎたり重量オーバーだったりと、カウンターで恒例の荷物再梱包。

特にこの日は、自分の前のほとんどのタイ人が、従業員に何かを言われ、パッキングをやりなおしたり、お金を払ったりと、全く列が進まない。

「しょうがねーなぁー、素人旅行者は。」

などと思いつつ、自分の順番を気長にまった。


今回の俺の荷物 内訳


今回の俺の荷物は、機内持ち込み手荷物のみ。

コロコロカバンと、コンピューター用カバン。


規則では、持ち込みカバン7kgまでとコンピューターカバン等1個が基本的なルールだ。

俺のコロコロカバンの中はスカスカで、今回も全く問題はない。

大体俺の頭の中では、コロコロカバン5kg、コンピューターバック3kg位と想定。


チェックインカウンターで まさかの問題発生!


やっと俺の番が来た。

いつもの様にパスポートだけ出して、所要時間30秒と予想。

カバンを計ると言われたので、コンピューターバックを外して、コロコロだけ乗せると、「もう一つのカバンも乗せてくれ。」と言われた。


俺 : 「これ、コンピューター入れてるバックだけど。」

スタッフ : 「それも一緒に計ります。」

俺 : 「コンピューターは別でしょ?」

スタッフ : 「いいえ、全部で7kgまでなので、まとめて計っています。」

と言って、カウンターの前の表示を指さされた。


確かに、その辺の表示には、よく見ると カバン合計2個迄で、合計7キロ迄と書いてある。

えー、俺の 今まで長い間の勘違いだろうか???

いやぁ、そんなことも無いとは思うが、、、


揉めたり交渉したりは俺の十八番なんだが、コンピューターのカバンも乗せて今回は8.6kg位。

チェックインする荷物は無いが調整出来る重さだったので、無駄なパワーは使わなかった。


道理でタイ人がほぼ全員、あたふたして時間がかかった訳だ。


スタッフに、「入れてある洋服とか着れば調整できるから、後でもう一度来る。」と言って、まずはその場を離れた。


荷物のパッキングブースで調整作業


取り敢えず、チェックインカウンターのすぐ近くにある、以前紹介した 計りの置いてある荷物梱包スペースへ。

成田空港第二 荷物の重さ再確認と重量調整 再梱包

すでに先客タイ人多数。(笑)


まずは、ポケットのついた洋服等を着て、携帯やコード類その他、小さくて重そうなものを、ズボンや上着のポケットに突っ込んだ。

荷造りブースの計りで何回か計り、1.7kgを荷物から俺の身にまとい、カバン2個で6.9kgに仕上げた。


いやあ、バンコクに持って帰る荷物が多い時で荷物を預けない場合は、コロコロを7kg丁度にして、重めの電気類を全部コンピューターバックに詰めてたりしていた俺。

今回はギリギリの重量ではないので調整が効いて助かった。

ラッキーだったなぁ。


再チェックイン


準備万端で再度チェックイン済みの列に並んだ。

順番が来たが、さっきとは違うカウンター。


客がいないので、隣のビジネスのカウンターでチェックイン。

荷物を堂々と、スタッフから見えるところに、これ見よがしに置いてやった。

所がなんと、ノーチェック。


どうなってんだよ、ビジネスのカウンターだったからだろうか。


しばし状況を観察


しかし、並んでいる間にもカウンターの様子を見ていたが、ほとんどのカウンターで、かなり厳しく機内持ち込み手荷物のチェックをしていた。


時にはスタッフが、カウンターから乗り出して下をのぞいたり

↑ いつもカウンターの下に、荷物を隠す人は注意。(笑)


ちなみに今回ドンムアン空港で、バンコクから成田に行くときは、今まで通りコロコロ一つしか計られず、もう一つはPCだと言ったら「全部で2個ですね」と言われて終わりだった。


ちょっと成田は要注意だなあ。

そんなことがあって、チェックインカウンターのオープンも、早くしているのかもしれない。


免税店でも 追い打ちをかける様に


エアアジアの規則では、出国後免税店で購入した物は、制限なく持ち込める。

以前は免税店での購入時、普通に袋に入れてくれるだけだった。


しかし今回は、その盲点を封じるためだろうか、買い物した袋すべてにテープで封をされ、通常持ち込みの手荷物と混ぜられない様にされていた。

201706301_5.jpg
保安検査後 前を歩いていたタイ人の袋
(ちょっとブレてて失礼、拡大すれば何とか見える。)


まあ、厳重な梱包ではないので、袋の隙間から物を入れる事は可能だが。

厳重な封印ではないので、今の所は警告程度といった感じなんだろうか。

それにしても、ちょっと いやらしいなぁ。


尚 現在の所、エアアジアの客だけなのか、全部がそうなのかは不明。


機内持ち込み手荷物基準 大変更


バンコクに戻って、以前の搭乗券などを確認してみた。

すると、、、

201706301_2.jpg
以前の搭乗券 (Bording Pass)の表示


201706301_3.jpg
最近の搭乗券 (Bording Pass)の表示
(注:今回の成田バンコク線ではない。)


どうやら俺の長い間の勘違いではなく、規則が変更されたようだ。

4月位の搭乗券でも、新基準の明記があった。

気が付かなかったなぁ。


ところが、今回成田発の搭乗券 (Bording pass).

通常手荷物ルールが明記されているはずの所が、

201706301_4.jpg
何の表示も無し おいおい

何の表示も無く、機内食の宣伝のみ。

まあ、これに関しては人それぞれなんで、個人的な意見は割愛するが、、、



因みに、最近使ったタイ国内線でも、あちらこちらにこんなボードが。

201706301_6.jpg

IS YOUR CABIN BAG FIT TO FLY?

Total permitted weight for two(2) pieces must not exceed 7kg.


はっきり書いてはあるんだが、肝心の事が書いてある2行目は、写真で見てもわかる様に、気のせいか小さい文字で、気のせいか 一番下の目立たない所に。


言い訳する訳じゃないんだけど、確かに国際的には赤色が注意喚起の標準色。

しかしエアアジアの場合、そもそも会社のイメージカラーが赤なので、こうした表示は見落としがち。

何か判り易い方法で書いてくれると、見落とさないと思うんだけどなぁ。


あくまでも俺の独り言だが。


今後の対策


以前は、重い物を片っ端からコンピューターバックに入れ、計量されるメインの持ち込みバックの重量を7kg以下に押さえる裏ワザを使う旅行者は多かった。

しかし今後は、もうそのやり方は通用しない。


そんな訳で今回の変更は、機内持ち込み手荷物の重量が、一気に実質3キロから5キロ減らされたに等しい。

これは、一部の旅行者にとっては メガトン級の規則改悪だ。


とにかく、カバンと言うカバンはすべて(2個まで)計量され、合計で7kgまで。

以前の様なグレーゾーンの逃げ道は無くなった。

若干逃げ道があるとすれば、洋服のポケットとウエストポーチ位だろう。


重いパソコンを持ち歩く人や、多数の電子機器類を携帯する人には、特に厳しい状況になる。

俺も、サブで持つバリスティック系のカバンは結構重いんで、これからエアアジアに乗る時は使えないかなぁ。


ローコストキャリアのビジネス手法


「客の需要に応じて、料金を細かく設定する。」と言えば聞こえはいいが、何かブービートラップもどきの、今回の改悪。

これだけの大きな規則変更、少なくとも半年くらいは、搭乗券にハッキリ明記するとかして欲しいと思うんだが。

客の不注意やミスに付け込んで料金を徴収するのがビジネスモデルとは言え、ここまで空港や時期・便などによってバラツキがあると「何だかなぁ」と思ってしまう。


これから 夏休みの旅行シーズン、エアアジアを使って日本から出発する人は要注意だ!

これ以上、犠牲者が増えない事を祈る。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
エアアジア XJ607 成田ードンムアン 20:15ー00:55(2015.7.8.エントリー)
XJ601 成田ードンムアン ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED) (2015.10.7_エントリー)
国際線。飛行機の機内で快適に過ごす為の 俺の持ち物。 (2015.10.2_エントリー)
成田空港第二の 「Priority / カードラウンジ」 が少しだけ進歩。
成田空港、展望デッキで日本最後の時。ふるさとは遠きにありて・・・
エアアジア XJ601[NRT-DMK] ビジネスクラス(2015年12月)
エアアジア XJ601 (C) 成田-ドンムアン[NRT-DMK](2016年3月利用)
エアアジア ビジネスクラスとエコノミーを徹底比較!(2016.4.5_エントリー)
エアアジア ビジネスクラス 電源コンセントの不具合(2016.4.7_エントリー)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年6月利用)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)
なんと 完全無料の空港ラウンジ!資格も不要 @成田空港第二
成田空港第一ターミナル KALビジネスクラスラウンジ
成田空港第二ターミナル 独立系提携ラウンジ 徹底比較
成田空港第二 荷物の重さ再確認と重量調整 再梱包
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
やっぱりそーだったんですね〜?
私も6/13にNRT→DMKに乗った際、二つで8.9kgの荷物を秤に乗せられて同じことを言われて???同じこと言い返しましたが押し通されて・・・

しょうがないんで上着とかタオルとかを出して7.9kgでok出ました(職員による)。
タイに戻ってからもずっと???で調べようと思ってましたがすっかり忘れてました。

やっぱり変わってたんですね。すっきりしました。
ありがとうございます♪
2017/06/30(金) 09:46 | URL | Damascus #SFo5/nok[ 編集]
Damascus 様
初めまして
コメントありがとうございます。

>押し通されて・・・
やはり同じ状況でしたか。
もうこのルール適用は、既定路線と考えた方がよさそうですね。

>上着とかタオルとかを出して、、、
これから成田エアアジアでは、「いかに荷物を身にまとえるか」(笑)、これが課題となっていくんでしょうか。
釣り用の、ポケットが多いベストでも買いますかね。
2017/07/01(土) 09:51 | URL | マシマシ #-[ 編集]
この情報が役に立ちました。
昨日XJ607チェックイン時、パソコンをズボンの背中に差し込み、ロボット状態で計量に挑戦。
しかし係員に「そちらのだけ測ります」
と言われ、コロコロのみ。拍子抜け。
私のパソは大きくてアダプター込みで3kg以上ありますから。
空港内のお土産はテープ止めされますが、搭乗口での再計量はありませんでした。
4か月前に沖縄→BKKのPeachでも両方計量され、慌ててロボットに変身した経験があります。
今後すべてのLCCでこのルールでがデフォになるかもしれませんね。
たしかに旅行グッズで大きな内ポケットがいくつもついたジャケット売り出せば、結構売れるかも。
2017/07/23(日) 14:47 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
けんたろう様
長旅お疲れさまでした。

>「そちらのだけ測ります」
やはりまだ、スタッフによってばらつき有りと言ったところでしょうか。
現在はまだ、お試し期間中ですかね。
油断はできませんが。

おかめ納豆みたいな顔の職員が、厳しいんですよぉ。
先日友達も、その子にやられました。

あっ、こんな事ブログで書くから、厳しくされるんでしょうか?

いやあ、成田第二ターミナル JAL系地上勤スタッフは、皆さん良い方ばかりですよねぇ!!!(笑)


>パソコンをズボンの背中に差し込み、
やはり一番の問題は、パソコン等の重量ですよね。
自分も以前、この方法を試みようとしましたが、そこまでは、、、と、恥ずかしさもあり実行しませんでした。(汗)
しかし、今回のコメントで自信がつきました。
次回から、パソコンは背中に差し込みます。
貴重なアドバイス、ありがとうございました!
2017/07/23(日) 21:06 | URL | マシマシ #-[ 編集]
早々のレスありがとうございます。
そうなんです、スタッフにより対応が違うんです。まぁセカンドバッグが500gくらいのヘナヘナだったからかも。
今回の対応はファランスタッフ。疲れたパックンみたいなやつ。日本語はまさにパックン並みの凄腕。こいつとは3回目のチェックインかな。

また誰かの役に立つ情報お願いします。

ps:ブッチャー1か月近く休業、病気かなんかで心配です。

 
2017/07/23(日) 23:55 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
どうも。おひさしぶりです。

いつも楽しませてもらっているマシマシさんにひとつ情報提供ということで。

数日前に友人が成田よりAir ASIAで来タイしまして、話を聞いたところ、タイ時間午前1時30分に到着したにもかかわらず、空港を出られたのが、午前4時。

イミグレ前がC国人の団体で埋め尽くされ、どこに並んでいいかもわからない状況だったようです。
なんとか、比較的きちんと並んでいるところを探し、並んだものの、横入りしてくるC国人と格闘すること約2時間半、なんとかイミグレ通過したとのことです。

イミグレカウンターは、二人の係官が座れるようになっていますが、ほとんどのカウンターで片方は閉じた状態らしく、先に進むに従って一列になるように並ばざるをえず、大混乱。

ひどい目にあったとぼやいていました。

これからエアアジアを使用される方、要注意です。
要注意といっても、スワンナプームを使用する、とかしか
注意の仕方がないですが。あとは、これだけ待たされると、
友人は問題なかったようですが、荷物が紛失してしまうことも
考えられるかと思います。

ちなみに、友人はプレミアムフラットシートだったようですが、このイミグレでの格闘で相当疲労し、意味がないじゃねーかと怒っていました。。。

最近タイメディアでもニュースになっていましたが、そのニュースになった日だけでなく、かなり酷い状況が続いているようですね。
2017/08/07(月) 19:11 | URL | kawasaki #PMoz9hdc[ 編集]
kawasaki 様
貴重な情報ありがとうございます。
新規で1記事 アップさせていただきました!
2017/08/09(水) 04:55 | URL | マシマシ #-[ 編集]
9月に利用するんで気になっていました。いつからなんですかね?成田では計量されてますが6月6日の607便利用の時は機内持ち込みスーツケースも計量なくスルーでした。その時は自分でも珍しいなと感じました。
2017/08/17(木) 15:17 | URL | inoshin #-[ 編集]
inoshin 様
コメントありがとうございます。

>いつからなんですかね?
規則が改定されたのは、多分今年の3月か4月位からだと思います。

>その時は自分でも珍しいなと感じました。
担当者やタイミング、その時の状況などによって、まだ かなりバラツキがあるようです。
しかし当面は、取り敢えず全部計られる事を前提に行動した方がいいんじゃないかと思います。
2017/08/17(木) 20:00 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/432-85efe185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック