シーロムで大蛇が出現! 早朝の通勤時間に2メートルの大物が

ここでは、「シーロムで大蛇が出現! 早朝の通勤時間に2メートルの大物が」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.07.02 | 更新:2017.07.19
今週は、日本から友達が訪タイ。

ゴルフの為、早朝 友達を迎えに、シーロムエリアのホテルへ向かった俺。


日本人旅行者の よくあるパターン


ホテルに着いて部屋に電話。

「でない・・・」


先に朝飯でも食っているのかと思い、レストランへ行くも。

「いない・・・」


前の晩は、当たり前だがよくあるパターン。

夕食後は、ピンクの部へ突入。

帰る時には、人数が一人増えていた。(笑)


一緒に朝飯を食う予定だったので、多少時間に余裕はある。

どうせ前の晩は、&%☆@#$!△¥で ろくに寝ていないだろうから、もう少し寝かせてやろうと思ったが、一応奴の携帯に電話を入れてみた。

すると、、、


友達への電話


電話を掛けると、友達はすぐに出た。


友達 : 「おー、何処にいるんだよぉ」

はぁ?それは俺のセリフだろ。(怒)


そして、その次に彼が発したセリフが、俺には一瞬理解できなかった。


友達 : 「今 ヘビ見てるんだよぉ、こっちに来いよ!」


??????????


前の晩は遅かったので、こいつまだ酔っぱらっているのか?

それとも、昨夜持ち帰ったXXXに、一服盛られておかしくなったのか?


場所はバンコクの まさに中心部、時間は平日朝の7時頃。

俺にはもう、120%理解できなかった。


まあ、取り敢えずテクテク歩いて、彼がいるという、すぐ近くのスリウォン通りへ。


スリウォン通りで朝から大蛇! 彼は酔ってはいなかった


彼を見つけて歩み寄ると、友達は嬉しそうに ある方向を指さす。

そこには何と、、、

20170702_snake_1.jpg

えぇぇぇ~~~!!!


ヘビ君は、スリウォン通り沿いにある、 とあるホテルの正面車寄せで、従業員や警備員と格闘の真っ最中だった。

まあ 俺には従業員は、格闘中と言うより、遊んでる様にしか見えなかったが、、、(笑)

こういった職種の人達は、田舎から出てきている人が多いので、おのずとヘビの取り扱いには慣れている。


しかしここは バンコク中心部のシーロムエリア、れっきとしたオフィス街でもある。

オマケに観光客も多い地区で、日本人も頻繁に往来する場所。

すぐ近くにある、有名なシーフードレストランに行く時なんか、ここを通った事のある人も多いんじゃないだろうか。(笑)


そしてこの時は平日早朝と言う事もあり、当然 目の前の道路は、朝の通勤ラッシュで渋滞中。

20170702_snake_2.jpg
ヘビの横で 車通勤するタイ人の方々


俺も、今でも郊外ではたまに見るが、今までシーロムエリアで、これだけのヘビを見た事は無かったなぁ。


蛇の捕獲方法


とは言っても、ここはバンコクの中心部にあるホテル。

当然、蛇を捕獲する道具などある訳が無い。


彼ら(ホテル従業員+警備員)の武器?は、棒と、棒が付いた掃除用のスクレイパーと、それに何処にでもあるズタ袋。

20170702_snake_3.jpg

ヘビを挟む器具が無いので、上記の道具を使って、蛇を袋の中に追い込む作戦の様だ。


それにしても結構近づくなぁ、と言うのが、俺の率直な印象だった。

20170702_snake_4.jpg
かなりの接近戦!


残念ながらビビリーな俺たちは、あまり近づいて写真を撮る事が出来なかった。


いつまで見てても終わらないので、ホテルに戻って軽く朝飯。

その後ゴルフへ行く前に、同じ場所を車で通過すると、すでに何もなかったかの様に、そのホテルは通常営業中だった。(笑)


ヘビ君は無事、捕獲されたらしい。


捕獲されたヘビの運命


尚、こんなバンコクの中心部でも、タイ人は蛇を殺したりする様な事はまずしない。

捕獲したヘビを袋に入れたら、後日山の中へ持って行って放してあげる。


興味のある人は、以前過去記事に貼った動画を見てくれ。

タイ語がわからなくても、見ているだけで面白い、中々お勧めのタイらしい動画だ。

驚愕!3メートルの大蛇を素手で捕まえるタイ人捕獲員【必見】

タイの住宅地で捕獲された大蛇やコブラ、その後の運命はいかに?


いやぁ、朝から思わぬところで蛇を見たからだろうか、俺も友達も、この日のゴルフは絶好調だった!


動画


実はこの時の動画もあるんだが、動画アップの方法が今一よくわからない俺。

取り敢えず今回は、写真だけでで我慢してくれ。

後日やり方がわかったら、アップしてメインページの上の所にでもメモ書きしておく。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ、
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/433-355255a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック