「メーサイ」 B級グルメ最強ガイド 雲南系は旨すぎ注意!

ここでは、「「メーサイ」 B級グルメ最強ガイド 雲南系は旨すぎ注意!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.07.07 | 更新:2018.03.25
「メーサイ」 [Mae Sai]、この街も、そもそも中国から流れてきた人たちが多く、食い物は中々旨い!
個別にエントリーを上げたい店も何件かあるんだが、そんな事をしていると、いつまでたっても今年の北部特集が終わらない。
そんな訳でこのエントリーで、一気に全ての店を書いてしまおうと思う。

出し惜しみはナシ!
写真もちょっと多いんで、若干重いかもしれないが、頑張って読んでくれ。


「SA-BAO 2」 雲南麺の旨い店


20170707_maesai_yunnannoodle_1_2.jpg
店名 : 「SA-BAO 2」

まずは、国境から一番近い雲南麺の店。
観光客にも、非常に利用しやすい場所にある。
場所 Google 座標 :20.442505, 99.882070

洒落た店名だが、正統派の雲南ヌードルを食わせてくれる。
上記写真の様に、メニューはタイ語、中国語、英語だ。

20170707_maesai_yunnannoodle_2.jpg
雲南麺 豚足煮込み乗せ
40バーツ

派手さは無いが、非常に旨し!
日本人の口には、間違えなく合うと思う。
食のチョイスが少ないメーサイ国境付近では、麺類が美味しい貴重な店だ。

ここはお勧め。


「ヘン ヘン」 バミーキアオ


20170707_maesai_bami_1.jpg
店名 : 「ヘン ヘン」

上記の雲南麺の店を更に少し奥へ行った所にあるバミー(タイ風卵麺)の店。
場所 Google 座標 :20.442490, 99.882354

店も広く、店内は地元のお客さんでにぎわっている。

20170707_maesai_bami_2.jpg
バミーキアオ(卵麺 ワンタン入り)
40バーツ

客の入りからして、結構な人気店の様だが、量も少ないしワンタンも別に普通。
不味いわけではないので、バミーキアオが食べたくなったら行ってみよう。


トムルアットムー (豚のごった煮スープ)


20170707_maesai_gaorao_1.jpg

店名不明
場所 Google 座標 : 20.440603, 99.882814

「トムルアットムー」、ブタの肉やホルモン、血の煮凝りなどを煮込んだスープだ。
タイでは一般的な朝飯。
栄養もあり、スープもクリアーで飲みやすく、二日酔いには丁度いい。

20170707_maesai_gaorao_2.jpg
「ガオラオ + ご飯」
60バーツ

ちょっと相場より高いが、ここのホルモンはプリプリで非常に美味しい。
一緒に入っている野菜も旨し。

この店も国境から近いので、観光客の朝ご飯にはお勧めだ。


「アン チャルーン」 牛煮込み タイヌードル


20170707_maesai_nuatun_1.jpg
店名 : 「アン チャルーン」
場所 Google 座標 : 20.437701, 99.883985

ここは、「ヌアトゥン」(牛煮込み)が好きな俺の為に、タイ人友達が見つけてきた。
メニューは「タイ語」「英語」「ミャンマー語」の3か国語対応。(笑)
この店は朝が早く、7時位からやっている。

20170707_maesai_nuatun_2.jpg
「センレック ヌアトゥン」 (タイヌードル細麺 牛肉煮込み乗せ)
50
バーツ

麺は硬めの茹で加減。

スープは旨い。

「牛煮込み」 [ヌアトゥン] はまあ別に普通かな。
肉はやや硬めで、プリプリコラーゲンの部位も無し。

やはりヌアトゥン系は都心の方が旨いかな。

普通のクイッティアオもあるが、俺は そちらは未食。
タイ人友達は旨いと言っていた。
あくまでもタイ人談。


「上海小籠包飯店」


20170707_maesai_mabo_city_3.jpg

言わずと知れたメーサイの超有名店。
日本でいう町中の中華屋と、中華料理店を足して2で割った様な店だ。
相変わらずよくわからん俺の説明。

お店は、国境近くの街中と、町はずれのバスターミナルの向い、2店舗ある。

20170707_maesai_mabo_city_1.jpg
「街中店」 (本店)
お店の場所 Google 座標 :20.439005, 99.884258

20170707_maesai_mabo_bus_1.jpg
バスターミナル店 (支店)
お店の場所 Google 座標 :20.404230, 99.882992

車移動の人は、バスターミナル店の方が停めやすい。
国境近辺に宿をとる事の多い旅行者の人は、街中店が使い勝手はいいだろう。


ここではズバリ

麻婆豆腐!!!

20170707_maesai_mabo_city_2.jpg
街中店

20170707_maesai_mabo_bus_2.jpg
バスターミナル店

白いご飯と食べるともう最高。
まさに、日本人が旨いと思う麻婆豆腐だ。

味はどちらで食べてもほとんど一緒。
値段も同じで140バーツ、ちょっと高いけど、この味なら許すぜ。

街中店の方は、メニューによって 150バーツと書いてあったり 130バーツと書いてあったり。
お勘定も、ご飯込で140だったり150だったりと、よくわからん このお店。

尚この店は、他の料理も美味しいが、店名の小籠包は大したことない。(笑)


「小翠麺店」 雲南麺と絶品水餃子!


20170707_maesai_syousui_1.jpg

ここは少し、観光客の行動エリアからは外れる。
お店の場所 Google 座標 :20.424550, 99.890264

ザックリ言うと、国境とバスターミナルの中間位のエリア。
足が無い人には、ちょっと厳しい場所だ。
しかし元々、俺も初めはジョギング中に見つけた店なので、徒歩でも行けない事は無い。(笑)

ここの水餃子、ニラがたっぷり入って もう絶品!

20170707_maesai_syousui_4.jpg
「水餃子」 [ギョーザ トム]
10個バーツ

うめぇぇぇえええ!!!!!

20170707_maesai_syousui_5.jpg
ニラ(ネギ゙?)がたっぷり

ピンぼけ失礼(笑)

タレがちょっと甘いので、卓上の醤油で食べる方が日本人には合うと思う。



そして勿論、麺も旨い!

20170707_maesai_syousui_3.jpg
雲南バミー(雲南麺)
35バーツ

バミーは麺が軟めで俺好み、ボリュームもたっぷり。
量はバンコクの3倍位あるんじゃないだろうか。

上記 2品で、何とたったの75バーツ!
もう座布団10枚だぜ。

20170707_maesai_syousui_2.jpg
焼き餃子もある!

この様に、料理の写真も貼ってあるので、言葉が通じなくても指さし注文が可能。

場所はちょっと不便だが、俺の様な「麺バカ野郎」「餃子野郎」には、ここは絶対にお勧めの一軒だ。

中心部からは少し外れるので、車の駐車は全く問題なし。

営業時間:15時閉店。
定休日:毎週土曜日

2018年03月19日 _ 追記
後日何度か焼き餃子も頼んでみた。

20180319_maesai_gyoza_2.jpg
焼き餃子

しかし何故か、いつも焼き方が、、、
揚げ餃子を食ってるみたいで、せっかくの素材が台無し。
この店では、当面「水餃子」の一択。


日本食


通常俺のB級グルメ記事では、和食の店は あまり扱わないんだが、なんせタイ最北端の地、情報も少ないと思うので、2017年現在、俺の知っている範囲でのメーサイの日本料理店情報を書いておく。

「スペースワールド」

閉店。

日本の食堂 「和亭」

閉店。

「さちデリ」

 
20170707_maesai_jp_sachi_1.jpg
タイ人経営
場所 Google 座標 : 20.442158, 99.884251

20170707_maesai_jp_sachi_2.jpg
カツカレー
75バーツ
ちょっと解凍でジャガイモが溶け出しすぎだが、味の方はまあ及第点。
カツはカリッと揚っていた。

20170707_maesai_jp_sachi_3.jpg
かつ丼
75バーツ
この時は開店直後で、カツに十分火が通っていなかった。
アブラが十分な温度になってなかった模様。
まあこの辺はタイ人オペレーション、仕方がない所なんだろうか。


営業時間 : 10時 - 17時。

チェンマイに買出しの時は、数日休むらしい。

基本的には、日本食に飢えてる在タイ日本人や長期旅行者向けかな。

日本食堂 「四季」

お店の場所は、バスターミナルの近くにある「V-PARK」と言うモールの中。
場所 Google 座標 :20.403823, 99.887324
お店は綺麗だが、俺は未食。

食い物の話しではないが、このモールの敷地内にある洗車屋は、普通乗用車 中外で100バーツ 安くてで丁寧だ。



とまあ今日は 長々と書き綴ってきたが、基本的にはやはりメーサイでも、「雲南」と言うのが一つのキーワードの様だ。
タイ北部では、旨さの陰に「雲南」あり。

恐るべし「雲南パワー」!


さて次回は、特別ゲストを迎えてミャンマー側へ越境。
メーサイと国境を接する町 「タチレク」へ向かう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】
「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】
雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】
ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】
「メーサイ」 タイ最北部 ミャンマー タチレクとの国境の町 【タイ北東部旅行 2017年(18)】


チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇


タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/435-b12c3a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック