「テン チャイ フワット」 俺がタイで 一番食べてるタイヌードル!

ここでは、「「テン チャイ フワット」 俺がタイで 一番食べてるタイヌードル!」 に関する記事を紹介しています。
20170714_tengchaihuad_cover.jpg

店名 : 「テンチャイフワット」[丁財發] (Teng Chai Huad)

読み方は、フアット/フアッド/フワッドなど色々あるが、このブログでは「フワット」で。


タイトル通り、俺がタイで一番食べている「クイッティアオ」(タイヌードル)の店だ。
100杯 200杯、いや もっと食ってるかなぁ。
今でも足蹴く通っており、現在進行形の店である。

20170714_tengchaihuad_1.jpg
勿論 「緑の丼マーク」

当初バンコクのタイ飯屋に関しては、現在進行形で あまりにも頻繁に通っている店を記事に書くのはどうかと思い、取り上げる事はしなかった。
しかしまあ ラーメン屋だって、よく行く店はブログに上げているので、「まあいいかな」と最近は心変わり。


この店との出会い


元々この店は、スクムビットの通り沿いSoi52と54の間あたりにあった。
現在丁度、オンヌットのショッピングモール「フィル」がある所だった思う。

昔は、大通り沿いだが何か怪しげな店構えで、ちょっと誰かに連れて行ってもらわなければ、まず入らなそうな店だった。
俺も始めは、金持ち中華系タイ人に連れていかれた。

その後 4-5年位前に、突然引っ越して現在の場所に移転。


現在のお店の場所


移転後のお店は、見事なまでに住宅地の中。
どう考えても、一見客は無視してるとしか思えない場所だ。
お店の場所 Google 座標 : 13.692480, 100.602414

住宅地のど真ん中にあり、一見客がふらっと通りすがりで、なんて事は絶対にありえない。
と言うか、人なんて歩いてるのは見たことがない。

最寄り駅は BTSのバンジャーク[Bang Chak]駅。
徒歩だと駅から、Google Mapで800メートル10分と表示されるが、灼熱のタイで10分はかなり辛い。
タイ人化した俺には絶対に無理。(笑)

帰りも、店の前の通り(ソイ)はバイタクも全く通らず、表通りに行かないとまずタクシーも拾えない。
本当に陸の孤島の様な場所だ。
まあ最近では、配車アプリを利用する事も可能だが。


お店の様子


お店は、住宅地の豪邸を買い取って、店舗に改造した様な作り。
間口も広く清潔で、入りやすい店構え。

以前の店舗は、「場所は便利だが ぼろくて 入りづらい店構え」。

今の店舗は、「場所は超不便だが 清潔で入りやすい店構え」

真逆と言ってもいいだろう。


店内は明るく広々としており、暑い日は冷房も入る!

駐車場は敷地内に車9台。
混雑時は近隣の道路にも路駐。


お店のメンバー構成


お店のメンバー構成は、、、

お婆ちゃん(たまにお爺ちゃんも)、オヤジさん、奥さん、息子(ジュニア)、そして山奥から連れてきた様な従業員達。
まあよくある華人経営のクイッティアオ屋のメンバー構成だ。

お婆ちゃんは会計担当。
高齢でも、財布はしっかり握っている。

麺上げメインはオヤジさん。
アイドルタイムはジュニアがメインで、たまに奥さんも。

あとは、何処かの山奥から連れてきた 山岳民族の様な従業員が何人もいて、ちょこまかと店中を動き回る。


ちょっと異様な ここの客層


まずこの店、基本普通盛りで50バーツと値段が高め。
しかも味は、俺みたいな人間が言うのも変だが、ちょっと上品。
ゆえに、バイクで食べに来る様な一般タイ人庶民は ほとんど見かけない。
ほぼ99パーセントの客は車で来店する。

そんな訳で、おのずと客層も、中華系金持ちタイ人などの比率が多くなる。
特に週末などは、バンコクのクイッティアオ屋の中で、ベンツやBMW、運転手付きの車で来る客は、ここが一番多いんじゃないだろうか。

そんな客層の為、写真一枚撮るのも非常に気をつかう。
俺はいつも 端っこの席で、食べ物の写真を、こっそり静かに数枚だけ、って感じだ。


お勧め


お勧めは、、、というか、たかがクイッティアオ(タイヌードル)、好みの問題もあるので、ここからは俺の独断と偏見でと言う事で。

俺がまず、いつも必ず頼むのは、

20170714_tengchaihuad_2.jpg
センレック ヘーン (細麺のスープ無し)
50バーツ

20170714_tengchaihuad_3.jpg
スープ
5バーツ

「なーんだ」、と思う人がほとんどだろう。
派手さのかけらも無い、ありきたりの注文だ。

しかしこれが、俺の中でのタイナンバーワン「クイッティアオ」!
何回食べても飽きることが無く、しかも旨い。


実食 「スープ」 そして「センレック ヘーン」


まずはスープ

丼にたっぷり入って出てくる。
たった5バーツだからと言って、侮るなかれ。
麺や具が入っていないので、味の差がはっきりと出る。
ごまかしの効かない一杯だ。

まずは一口すすって、

うまぁぁぁあああ!!!!!

二郎の化調に侵された舌を持つ俺が言うのも変だが、シンプルで優しい味、本当に旨い!

そして麺

モチモチしていて、もう何とも言えない旨さ。
以前も 何かのエントリーで書いたが、タイでは、センレック(細麺)の汁無しで 旨いと思う店は非常に少ない。
これもまた、素材の味がモロに出る、ごまかしがきかない一品だからだ。
シンプルだけど、不思議と旨いんだよなぁ。

尚、ジュニアが麺上げの時は、量が少し多い。
めったにやらないが、奥さんはちょっと仕事が雑。


そして絶品 「エビつみれ」


麺類に乗ってる具も、この店は非常に旨い。
特に俺は 「エビつみれ」(ルークチン グン トー)。

20170714_tengchaihuad_4_2.jpg

ふわっとしていて、もう絶品としか言いようがない。
但し通常は、一杯に1個しか乗っていない。

沢山食べたい人は別皿で注文しよう。

この店は、ちょっと遠くて不便な場所なので、行きも帰りも渋滞覚悟。
俺はよく、帰りに持ち帰りで10個ほど袋に入れてもらい、運転しながら食べている。
渋滞なんかマイペンライ、俺のささやかな贅沢だ。


その他のメニュー


他にも、揚げワンタン、ワンタン、イェンタフォー、バミー、センベーンなど色々ある。

揚げワンタンは、タイ人に大人気。
バミーは中華系タイ人が特に好んで注文している。
俺は2杯目は、イェンタフォーを頼む事が多い。

因みにメニューは、壁に書いてあるタイ語のみ、写真は無い。
基本は、紙にタイ語で テーブル番号と注文を書いて、従業員に渡す方式。
口頭でも可能だが、タイ語の読み書きが出来ない人は、週末やお昼時は避けた方がいいだろう。


バンジャーク駅前の兄弟店


この店は、BTS 「バンジャーク」 (バーンチャーク/バンチャーク)の駅前に兄弟店がある。
兄弟店と言っても、親が同じと言うだけで、全く別の店
以前俺がブログで、さんざんこきおろした店だ。

「テンタイチャイフワット」 超有名だけど???なクイッティアオ屋

一応この駅前店、世間一般では有名店。
この時は、「なんでこんなに悪く書くのか?」と思った人も多かったんじゃないだろうか。
俺の場合は、今回の店と比べてしまうので、どうしても厳しい評価になってしまう。

親から伝えられた味や手法は同じはずなんだが、、、
商売に対する姿勢の問題かな。



今回紹介した「テン・チャイ・フワット」、場所も不便でちょっと注目度も薄い店だが、何といっても俺がバンコクで一番食ってる「クイッティアオ」。
観光客の方でも、周りに迷惑をかけず静かに食べれる人であれば、機会があったら是非一度 食べに行ってみて欲しい。


営業時間:10時頃から午後まで
休業日:通常は無休 タイ正月など不定期で若干休みあり
無料のお茶あり、氷代2バーツ。


尚 この店に関しては、現在進行形で通っているクイッティアオ屋なので、また折に触れ 色々書いて行こうと思っている。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事

【B級グルメ 麺類】
「バミーコンセーリー」@トンロー。連休中はさらに連食!(その1)
セーウ【Seaw】@トンロー。連休中はさらに連食!(その2)
「鶏そば七星」VS 隣の「セーウ」 日タイ麺対決! その1 セーウ
ワンタン超山盛り!下の麺が全く見えないドカ盛りバミー
魚のすり身麺(センプラー)でダイエット@セーウ[SEAW]
碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!
完璧! 「ワンタン入り バミー(卵麺)」 さすがの俺も脱帽だった
「クイッティアオ ルア」 暑さに負けないスタミナ麺 @オンヌット
バンコク最強の 「ラーメン チャーハン セット」!
旨すぎ注意! 「トロトロ 牛肉煮込みヌードル」 まさかこんな所で
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか
オンヌットに イェンタフォーの名店が新規開店

【B級グルメ バンチャーク】
週末は バンコクの下町でB級グルメ探索 バンジャーク [Bang Chak]
外資系のOLさんが集まる店でランチ @下町バンジャーク
コメント
この記事へのコメント
マシマシさん
バンコクへお帰りなさい。
この店ぜひ行ってみたいですね。しかし場所が不便で昼過ぎまでしかやってないとなるとハードル高いです。

バミーヘンなら例の元ウナギ市場のブッチャー親父のが絶品です。
ペットとムーデーンが選べます。隠し味具材いっぱいで、例のタレを絡めて食べます。40b。でもここ2週間休店です。
あとクィッチアオルア屋がカオソーイガイ40b始めました、これもいけます。
2017/07/16(日) 23:02 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
けんたろう様
ご無沙汰しております。

>場所が不便
在タイの方ですと、BTS利用だと、行きはバンチャーク駅からモタサイ。
帰りは配車アプリでタクシー、若しくは健康のために駅まで歩くといった感じでしょうか。
野良犬指数は☆☆☆☆☆
安全です。

>昼過ぎまで
昼過ぎと言うか、「お昼のピークが終わって その後 午後麺がなくなれば終了」みたいな、よくある中華系の店のパターンです。
ちょっとブログでの表示の仕方が難しいんですが、まあ遅い時間は売り切れ商品が出てくる事もありますが、3時位までは、ほぼ間違えなくやっています。

> ブッチャー親父のが絶品です。
> クィッチアオルア屋がカオソーイガイ40b始めました、
ディープなオンヌット情報ありがとうございます!
最近あの近辺は素通りが多かったんですが、今度是非寄ってみます。
まあ、美味しい物を提供する店は、何を作っても美味しいんですかね。
やはり商売に対する姿勢の問題でしょうか。
2017/07/17(月) 12:23 | URL | マシマシ #-[ 編集]
最近連続閉店。
何やってんだーあの夫婦。
自分勝手な閉店は客に対する最大の不義理。
なんかめんどくさい事情あるのかも。
2017/07/20(木) 23:49 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
けんたろう様
感情のこもったコメントありがとうございます。(笑)

タイの飲食店の不思議
・突然(予告なしに)休む
・突然(予告なしに)閉店する
・突然(予告なしに)移転する

ちょっと日本人には理解できない部分ですよね。


> 最近連続閉店。
> 何やってんだーあの夫婦。
> 自分勝手な閉店は客に対する最大の不義理。
> なんかめんどくさい事情あるのかも。
2017/07/21(金) 12:30 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/439-9cd6d1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック