カオマンガイ「ソムポーン」 俺がタイで 一番食べてるカオマンガイ

ここでは、「カオマンガイ「ソムポーン」 俺がタイで 一番食べてるカオマンガイ」 に関する記事を紹介しています。
20170714_somporn_cover_2.jpg

前回は、俺が現在進行形で一番通うクイッティアオ(タイヌードル)の店を紹介した。
今回は、同じ様な頻度で、俺がバンコクで 一番食べに行ってるカオマンガイ屋だ。
最低でも、週に一度は必ず食べる、これまた現在進行形の店。

でもやっぱり、いつも頻繁に行ってる店を書くのは、何か違和感があり、こっぱずかしいんだよなぁ。(笑)

20170714_somporn_shopfront.jpg
店名 : 「ソムポーン」 [Somporn]
ソンポーンなどと書かれることもあるが、このブログでは「ソムポーン」で。

昔はランスアン通りにあったが、現在はラマ4通り沿いに移転して営業。
日本人にもそこそこ有名な店だ。
その割には、日本人客を見る事は殆んど無いんだが。
なんでだろう?


お店の場所


お店の場所は、バンコク中心部ラマ4通りのクロントゥーイ市場の近くにある。
お店の場所 Google 座標 : 13.721177, 100.556326

旅行者の方の為にザックリ説明すると、アソークの南、シーロムの東、共に地下鉄で2駅ほどのロケーションだ。

電車の場合は、地下鉄MRTのクロントーイ駅1番出口から歩いてすぐ(2-3分位)。

20170714_somporn_MRT Khlong Toei
MRT クロントゥーイ駅 1番出口
[MRT Khlong Toei]

地下鉄を降りて地上に上がったら、写真に示した様に赤矢印の方向へ。
旅行者にも非常に行きやすい場所にある。
隣りは、牛モツ煮込み(ヌアトゥン)で有名な「ヘンチュンセン」。

何で日本人観光客は皆、パトナムのあんな不便なカオマンガイ屋にこぞって行くんだろう。
そんなに大した事も無いのに、、、不思議だ。


お店の雰囲気


お店は、バンコク大渋滞のメッカ、ラマ4通りに面している。
電車を利用する観光客には便利だが、車移動が多い俺には、これが一番の悩みの種。
市場の近くと言う事もあり、人通りも多く、いかにもタイのローカル食堂と言った感じだ。

目印は、、、去年までは看板があったんだが、今年に入って いつの間にか壊れ 現在はそのまま。

20170714_somporn_signboard.jpg
以前の看板

最近では、その看板の枠まで壊れてきている。

20170714_somporn_signboard_2.jpg
全く直す気はない様だ。(笑)

鶏がぶら下がっていなければ、もう何の店だがわからない状態。


盛り付け


盛り付けは、基本店主が担当。
たまに、ガタイのでかい息子(?)もやるが、まだまだ未熟。

ここの店主は、非常に丁寧に仕事をするので、一皿一皿にかなり時間がかかる。
そして盛り付けに没頭するあまり、店主に直接注文すると、よく注文を忘れられる。(笑)
この店では出来るだけ、従業員に注文をする様にしよう。

尚 この店の場合、大きさを言わないと 自動的に大盛が出てくる事も多いので、普通盛りの場合は必ず 「タマダ~」と一言付け加えよう。


実食 「カオマンガイ」


それでは早速カオマンガイ。

20170714_somporn_kaomangai_b40_2_2l.jpg
並盛
40バーツ

20170714_somporn_kaomangai_b50_5.jpg
大盛
50バーツ

まずここは、何といっても肉が旨い。
ジューシーで歯ごたえがあり、安っぽいブロイラーの様なふにゃふにゃ肉とは別次元。
しかも並盛でも、結構な量の鶏が載ってくる。
盛り方のバランスもいい。

質量ともに大満足の一皿。
さすが市場近くのカオマンガイ屋だ。

タレも、グレイビーで まさに俺好み。

ご飯も文句なし。

スープも、苦瓜(ゴーヤ?)等が入っていて、これまた旨し。

20170714_somporn_kaomangai_soup.jpg
この店のスープ


それにしても ここのカオマンガイ、あんまり食べると 近所の普段使いのカオマンガイが食べれなくなってしまうので、俺も出来るだけ 週一回程度に抑える様にしている。
旨さとボリューム そして味の安定度、俺の中では現在 バンコク ナンバーワンのカオマンガイだ。

「たかがカオマンガイ されどカオマンガイ」
奥が深いぜ!


営業時間は、朝の7時位から午後鶏が無くなるまで。
祝祭日などは午後いち位に売り切れてしまう事もあるので、確実に食べたい人は午前中にいく様にしよう。
メニューは壁に タイ語のみ、写真無し。
無料の水アリ 氷代2バーツ



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【カオマンガイ 関連記事】
バンコク
ドンムアン 第2ターミナル 肉が山盛りカオマンガイ 80バーツ!(2016.3.9_エントリー)
俺が3桁食ったカオマンガイ 「ラック カファエ」[Rak kafae]
俺が3桁食ったカオマンガイ @シーナカリン

チェンマイ
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「コーイー カオマンガイ」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「キアットオーチャー」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「クリット オーチャー」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 超有名店「ナンタラーム」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 第二位「ウワン オーチャー」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 第一位「ダン カオマンガイ」
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」

チェンライ
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」【リベンジ!】 【タイ北東部旅行 2017年(30)】

イサーン
イサーンの田舎町で 地鶏のカオマンガイ。何とこれが驚愕の旨さ!

【クロントゥーイ 関連記事】
「ヘンチュンセン」 ラマ4通り 復活した牛モツ煮込みの老舗超有名店
牛モツ煮込み「ヘンチュンセン」 クロントゥーイ市場裏店
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/440-1e4fabb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック