「チェンコーン」 黄色くないけど絶品カオソーイ 旨すぎ注意!

ここでは、「「チェンコーン」 黄色くないけど絶品カオソーイ 旨すぎ注意!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.07.26 | 更新:2017.08.16
20170726_khaosoi_cover_2.jpg

さて 前回は、チェンコーンを訪れる旅行者の為に、初めてでも行きやすい場所にある食事処を紹介させてもらった。
しかし それ以外の場所でも、常に開拓は怠らないB級グルメファイターのマシマシタイランド。

そんな訳で今回は、以前宿のおネーちゃんに「どっか旨い店ない?」と聞いて教えてもらい、食べに行った店の話しを書いてみたいと思う。
場所は、メインストリートから川とは逆方向にかなり歩いた、完全な地元民エリア。


旨いと聞けば 早速訪問


教えてくれた宿のオネーちゃん曰く、何でも「麺類」と「ご飯」がお勧めとの事。

「ごはん」???

北タイなまりのタイ語だからだろうか、しかも早口で、彼女の言う事が今一よくわからなかった俺。、
まあ、とりあえず行ってみる事に。


初回訪問


なんせ田舎の町の裏通り、目印なんてものは皆無に等しく、何処を通っても同じ道に見える。
道に迷いながらも やっとお目当ての店を発見。

20170726_khaosoi_1_2.jpg
店名 : カオソーイ 「パーオーン」 シップソンバンナー

場所 Google 座標 : 20.265955, 100.404077

木に囲まれて、お店が見えないぜ。
これじゃあ、見つからない訳だ。

20170726_khaosoi_2_2.jpg
訪店する人は、写真のキロポストを目印に。


お店の様子


20170726_khaosoi_3.jpg

取り敢えずピーク時間を外して行ったので、お客さんはまばら。
店の壁には、有名人との写真が、所狭しと飾ってある。
こういった写真ベタベタの店は、「本当に旨い店」か「実は全く大したことがない」か、はっきりと二つに分かれる。

さっそく注文してみる事に。


注文


店に貼ってある料理の写真を見る限り、麺類からご飯類まで幅広く扱っている様だ。
お店のおばちゃんに色々聞くが、どれがいいのかよくわからない。
取り敢えず、宿のオネーちゃんに教えてもらった事をヒントに、「麺」と「ご飯」の組み合わせという事で、「センレック ナーム(タイヌードル)」と「カウ(ごはん)」を注文した。

20170726_khaosoi_4_1.jpg
センレック ナーム(タイヌードル)

20170726_khaosoi_4_2.jpg
白ごはん

センレック+白ご飯 50バーツ

この時は、こんな店再訪は絶対に無しと思い、写真を撮らなかった。
そんな訳で、この2枚の写真は他の店の物で代用。
イメージとしては、まさにこんな感じだ。

まあ結論から言うと、麺類は いたって普通の普通。
ご飯に関しても、当たり前だが 注文通り ただの白飯。
それ以上でも それ以下でもない。

日本で言えば、「かけそば+白ごはん」みたいな感じだ。(笑)
そして何故かご飯も、平らな皿に超大盛り。

こんな組み合わせで頼む客なんて、めったにいないだろう。
店の人も、「この客、金は無いけど お腹一杯食べたかったのかな?」 と思われたに違いない。

取り敢えず、センレックのスープで大盛りのご飯を無理やり胃の中に流し込み、引きつった笑顔で店を去った俺。

「有名人の写真」がベタベタ貼ってあったが、残念ながら全くもって普通だった。

、、、と、最初は思った。


宿に戻って猛抗議


宿に戻って、従業員のオネーちゃんに結果を報告。
すると、おネーちゃん大笑い。

「???」

そして、他のスタッフも呼んで、さらに大笑い。

もう一度詳しく聞いてみると、何でも店に写真が貼ってある、何やら有名な麺類とご飯のセットがお勧めらしい。
麺類は「カオソーイ」、ご飯はバナナの葉に包んである赤米みたいなやつで、このセットを食べて欲しかったらしい。

「あんた、センレック(ただのタイヌードル)だけで 白ごはん食ったのか。」と、皆に大笑いされてしまった。
「もっとちゃんと説明しろよ」、と、俺はちょっとムッときたが。
まあこれも、タイ語ピンク帯の、俺の語学力の無さから来る自業自得だ。

何とか気を取り直して、翌日すかさず再訪。


再訪 そして注文


翌日も、暇そうな時間を選んで訪店。

店のおばちゃん、俺の事を覚えていたらしく、「昨日と同じでいいの~」と、ニヤニヤしながら聞いてきた。
そんな訳ねーだろ!(怒)

この日も昨日同様、再度店のおばちゃんに色々聞いた。

まずは店内の写真にも出ている「カオソーイ」
しかしこれが、写真ではどう見ても黄色くない。

そんなこともあって、前日は注文しなかったんだが。
しかし、それでもおばちゃんは、これは「カオソーイ」だと言う。

その「カオソーイ?」と一緒に野菜も注文するんだと、おばちゃんが教えてくれた。

20170726_khaosoi_5.jpg

イサーンのいんげんみたいなのもあったが、バンコクでも食い飽きてるんで、芽キャベツみたいなのを一緒に注文。

赤米のご飯に関しては、確かに注文カウンターの上に、バナナの葉で包まれはご飯が山の様に積まれていた。

取り敢えず「カオソーイ」と「野菜」、そして その「ご飯」を注文。


実食 黄色くない「カオソーイ」


待つこと暫く、俺の注文がやってきた。

まずは(おばちゃん曰くの)「カオソーイ」

20170726_khaosoi_6_2.jpg
「カオソーイ」

やはり現物も、 何処からどう見てもカオソーイには見えない。
見た感じを具体的に言うと、普通のタイヌードルの上にピリ辛のひき肉(ナムプリックオーン)が乗っている。

ナムプリックオーンに関して詳しくは、こちらの過去記事で。
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】

麺は平麺、日本で言うときしめんみたいな感じ。
ナムニャオ屋でよく出てくる平太麺と同じだ。

ちなみに、黄色い色や、カレーの味や風味は全くない。
まあ、タイヌードル版タンタンメンみたいな感じかな。

取り敢えず、まぜまぜして一口。

うめぇぇぇえええ!!!!!

もう大当たり。

ピリ辛ひき肉が、タイヌードルと抜群の相性。
タンタンメンに慣れ親しんでいる日本人何かには、抜群の旨さだ。

スープも、癖が無くて非常に旨い。


そして、別注の芽キャベツみたいな野菜も、これまた激ウマ。

20170726_khaosoi_7.jpg

野菜の甘みタップリで、バンコクの外食で農薬まみれの野菜を食ってる俺には、神の様な旨さだった。


「カオカンチン」 バナナの葉に包まれた赤米


20170726_khaosoi_8_2.jpg

そして、バナナの葉に包まれていた赤米は、お皿に盛られトッピングが付いて配膳されてきた。
おばちゃんに名前を聞くと、「カオカンチン」 だと教えてくれた。

感じとしては、北部でよく出てくる赤米のカオニャオ(もち米)みたいな感じかな。

これまた、上記の自称「カオソーイ」との相性抜群。
ついでに、付いてきた唐辛子を ちびりちびりとかじりながら食べ進むと、これまた絶品。

合計で、47バーツ。

いやあ宿のオネーちゃん、大金星だぜ。


再再訪問


あまりの旨さに、その翌日も食いに行ってしまった。

今度はケープムー(ブタの皮のから揚げ)もトッピングに。

20170726_khaosoi_9_2.jpg
ケープムー
10バーツ

このケープムー、美味しいんだが、スープに入れるとぱりぱり感がすぐに失われていくので、一気に入れずに少しずつ投入する様にしよう。

2日連続で、このおばちゃん曰くの「絶品カオソーイ」を飛べてみたが、結局最後まで 何が「カオソーイ」なのか よくわからなかった。(笑)


カオソーイの名前の謎は深まるばかりだが、この時以来、この店は俺の大のお気に入りだ。
場所はちょっと裏路地でわかりづらいが、旅行者の方も、チェンコーンに行ったら是非 訪れてみてほしい。


えっ?チェンコーン裏路地で 犬は大丈夫かって?
まあ、この辺の犬は、、、

20170726_khaosoi_dog.jpg

多分、大丈夫だとだと思う。


営業時間 : 08:00-16:00
メニュー : タイ語のみ
お水 : 無料


追記
名無し様から、早速情報をいただきました。
これは、ルアンプラバンなどで食べられるラオス式のカオソーイだそうです。

お店のおばちゃん、一瞬でも、
「このババァ、俺が外人だと思って いいかげんな事言いやがって。」
なんて思った俺を許してね。(笑)

これはいつか、本場ラオスにも食べに行かなければ。
名無し様、情報ありがとうございました!


さて次回は、今回のタイ北部情報の最終目的地、「チェンライ」だ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】

「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】

雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】

ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】
「メーサイ」 タイ最北部 ミャンマー タチレクとの国境の町 【タイ北東部旅行 2017年(18)】
「メーサイ」 B級グルメ最強ガイド 雲南系は旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(19)】
「メーサイ」から「タチレク」へ 陸路国境を越えミャンマーへ入国 【タイ北東部旅行 2017年(20)】

「タチレク」ってどんな所? 5分でわかるミャンマーのタチレク 【タイ北東部旅行 2017年(21)】
「タチレク」 餃子屋の美人従業員を尾行せよ! 【タイ北東部旅行 2017年(22)】
「チェンコーン」 メコン川を挟み 対岸にラオスのフエサイをのぞむ町 【タイ北東部旅行 2017年(23)】
恐怖!犬の町「チェンコーン」 街中でピットブルも放し飼い 【タイ北東部旅行 2017年(24)】
「チェンコーン」 B級グルメ最強ガイド キラリと光る名店揃い 【タイ北東部旅行 2017年(25)】

チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇

タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/07/26(水) 10:48 | | #[ 編集]
偶然記事を拝見して実食してきました。貴重な情報ありがとうございます。
確かに美味かったです。が、なんと、たった1年でカオソイ40バーツ、カオチンは12バーツに値上げされてました。かつ、無言で卵と鳥軟骨団子トッピングがついて50バーツでしめて62バーツ。
ぼったくりかと思いましたが壁掛けメニューがきちんとその価格なので降参しました。
こちら支那人観光客もほとんど見かけませんし景気悪いんでしょうかね。円換算だとどうということはないですが現地目線だとクソ値上げでしょう。まあ許しますが。
2018/09/22(土) 13:55 | URL | 暇人 #-[ 編集]
暇人様
最新情報ありがとうございます。

チェンコーン、いい街ですよねぇ。

>値上げ
タイ全体に押し寄せる値上げの波。
田舎町チェンコンといえども、例外ではないようですね。

「静か」「活気がない」、紙一重の部分もありますが、味は落ちていないようでほっとしました。

あとはまあ、懸案事項は野良犬だけですかね(笑い
2018/09/26(水) 10:59 | URL | マシマシ #-[ 編集]
ええ、そうですね、犬には辟易しました笑
ただ人間はすごくいい場所ですよね、まだまだ昔風で反応や対応に温かみがある人がほとんどだった印象です。隠れ家としては大変気に入りました。
余談ですが、ナイトマーケットを発見しました。チェンライからのバスが停車するポイントの道路の反対側にセブンイレブンがありますよね。そこから10mほど南進(街と逆方向)してすぐ左折して住宅街を道なりに100m〜200m奥へ進んだあたりに、金曜夕方17時に突入したところ、屋台20件以上でナイトマーケットをやってました。その場で揚げてる鳥モモ唐揚げ15バーツ、同じく鮒?の唐揚げ25バーツなど。混んでる屋台のものは美味かったです。英語ができる人に当たらなかったので細かい開催スケジュールは聞けませんでしたが、街のホテル地域の大通り沿いの屋台や店舗より地元価格かつ鮮度からして地元産品中心と思われました。もし再訪なさいましたら、試しにお訪ね下さい。お勧めいたします。
2018/09/28(金) 04:54 | URL | 暇人 #-[ 編集]
暇人様
情報ありがとうございます。
次回訪問時は、「ナイトマーケット」ぜひ訪れてみたいと思います!
2018/09/30(日) 17:38 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/446-ca147429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック