ラーメン二郎 三田本店 (2017年9月)

ここでは、「ラーメン二郎 三田本店 (2017年9月)」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.09.29 | 更新:2017.09.29

20170929_jiromita_cover.jpg

バタバタとした8月9月、一段落ついたので 二郎を食いに日本へ一時帰国。

まずは三田の本店だ。


お店の様子


この日は平日朝一番に訪店。

到着時は7人位の待ち、まあこれ位なら楽勝かな。


麺上げは おやっさん。

生涯現役を貫くんだろうか?

ただただ感服。


お弟子さんは4人、ほぼ全員棒立ち。

???


何故かこの日は、おやっさんのトークが全く無く、全員気味が悪い位に終始無言。

何かおやっさんも、機嫌悪そう、、、

味に影響しない事を祈るばかりだ。(笑)


注文


列が進み入り口近くまで進んだので、「小ラーメン」 (正確な表示は「ラーメン」) の食券を購入。


席があき、俺は一番の席に。

この席は カウンターの右端に位置する為、意外とゆったり食べる事が出来る俺のお気に入りの席。

しかしこの日は上記の様に、お弟子さん棒立ちの為、俺の右横に二人も立っており、どうも落ち着かなかったなぁ。


コール


暫くして、俺の「小ラーメン」の準備が出来た。

コールは、「ニンニク」「アブラ」。

しかし何故か「ニンニクマシ」は無く、「ヤサイマシ・アブラマシ」で出てきた。(笑)

20170929_jiromita_1.jpg
小ラーメン 600円
何故か「ヤサイ・アブラ」

???

ニンニクマシが、、、(涙)


まあ こんな時もあるさ、これが本店だ。


実食 「小 ヤサイ アブラ」


まずは上の野菜を少し片付け、スペースを作って麺を食べ始める。


いやぁ、いつもの事だが、久しぶりの二郎は旨い!!!

もう感無量。


それにしても、この日は何故か麺がかなり多かった。

まあ、悪い事ではないので嬉しいんだが、久しく二郎を食べていなかったので、出だしは少しもたついたかな。

やはり、バンコクで「麺場きせき」が無くなり、日頃のイメージトレーニングが出来なくなってしまった事が、少なからず影響しているのかもしれない。


この日の麺は、ノーコールだが かなり硬め。

野菜もシャキシャキの茹で加減。


本店は、「デロ麺・クタ野菜」というイメージがあるが、この日は全くの逆バージョン。

まあこれはこれで、問題なく旨い。


この日のブタ、

20170929_jiromita_2.jpg
左の方の赤身部分は今一だったが、右のブタは、


うめぇぇぇえええ!!!!!


これだから二郎はやめられないぜ!

因みに、上の方にあるのは豚ではなく巨大な脂の塊だ。(笑)


と、こんな感じで食べ進め、前半のもたつきを後半取り戻し、あっと言う間に完食。

やはり俺には、二郎の無い人生は考えられないと、この日は再確認させられた。


ごちそうさまでした!



ニンニクマシマシ!(?)

アブラもマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!


関連過去記事
二郎を食いに日本へ一時帰国!@ラーメン二郎 三田本店
ラーメン二郎 三田本店 (2016年6月)
ラーメン二郎 池袋東口店 (2016年6月)
ラーメン二郎 三田本店 (2016年9月)
ラーメン二郎 神田神保町店 (2016年10月)
ラーメン二郎 「神田神保町店」 2016年食べ納め
ラーメン二郎 三田本店 (2017年3月)
ラーメン二郎 池袋東口店 (2017年6月)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/454-dfaac0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック