ミャンマーのビザ免除 陸路タイのメーサイからでも適用されるか実証

ここでは、「ミャンマーのビザ免除 陸路タイのメーサイからでも適用されるか実証」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2019.02.11 | 更新:2019.02.14
20190211_maesai_tachireik_cover.jpg

去年の年末から今年にかけては、例年にも増して空気の汚かったバンコク。

タイ乾季の12月1月と言えば、本来であれば一番いい時期なのに、、、

タイの「PM 2.5」や「PM 10」、実際は今に始まったことではないんだけど。


おかげで以前買った空気清浄機も大活躍だ。
タイで空気清浄機 安くてお薦めはズバリこれ!


そんな訳で年末以降は、バンコクから避難して「北へ南へ」「山へ海へ」といった行動パターンが多くなってきている。


まあタイ北部も、空気が汚くないのは2月の初旬位までかとは思うけど。

2月中旬から5月位までは、こちらは毎年の事だが、チェンマイが 世界の大気汚染都市トップテンの常連となる。


いつもの事だが、海関係はこのブログではあまり書かないので、今後しばらくは 最近のタイ北部に関して書いていこうと思う。


まず今回は、今話題の「ミャンマー ビザ免除」に関してだ。


先日タイ北部を旅行中、試しにタイのメーサイからミャンマーのタチレクへ、陸路入国してみることにした。


メーサイ国境までの行き方


これに関しては、巷で情報もあふれている。

普通の人なら普通に行けばたどり着けるので、そういったありふれた情報は今回は割愛。


この時の俺達は、いつもの様に車で自走だったので、車は国境付近に預けて越境した。

国境付近の駐車場情報に関しては 後日別のエントリーで詳しく解説予定。


メンバーは、知り合い夫婦なども含めた混成部隊。

俺は本当は越境したくなかったが、「多数決」(民主主義の原理原則)には逆らえない。


以前であれば、メーサイから陸路で国境を超える場合、ミャンマー側でビザ代が 「US10ドル(約314バーツ)」 か 「500バーツ」 かかるので、特に理由が無ければ あまり気の進まない越境だった。


しかし今回は、ミャンマーのビザ免除が陸路でも適用される 「みたい」 なので、試しにみんなと一緒に越境してみることに。


陸路での越境 ビザ関係のルール適用状況


ちなみに陸路で国境を超える場合、この 「みたい」 というのが曲者だ。

陸路の場合は空路入国と違い、制度がすぐに反映されなかったり、色々な情勢に応じて、基準がコロコロ変わる事が多い。

そんな訳で今回は、一応ビザ代を取られてもいい様に、US10ドルをポケットにねじ込んで出撃した。


「タイ」 「ミャンマー」 陸路での国境出入国 2019年


越境の基本的な流れは、以前のエントリーでも書いてあるので今回は割愛。

詳しくは、過去記事を参照。
「メーサイ」から「タチレク」へ 陸路国境を越えミャンマーへ入国


注意するのは、パスポートにスタンプを押してもらった後、セキュリティーチェックを受ける部屋に寄る事位かな。

20190211_maesai_tachireik_immigration_2.jpg
ここで右側の部屋に入り 最終チェックを受ける


因みに今回のポイントは、

  • 以前の様にパスポートを預けて臨時入国証を貰わなくていいのか?

  • US10ドル若しくは500バーツを払わなくていいのか?

この2点だ。


結論から言うと、両方とも不要だった。


入国審査でも、何か理不尽な事を言われる事もなし。

パスポートに普通にスタンプを押され、有効期限を記入されミャンマー入国完了!


無料でタチレク(ミャンマー)入国のメリット


以前から、この国境のビザ代 『B500若しくはUS10ドル』 は高いと思っていた(特に日帰りの時などは)。

なので個人的には、まあ 無料であれば たまには入国してもいいかなといった感じだ。


但し、無料だからと半ば無理やり入国したが、やっぱりタチレクはやる事が無い。

連れは全員初めてだったので、あちこちウロウロして楽しそうだったが、、、


まあ俺的には、以前発見した国境の餃子屋に行けたから、それで満足かな。
「タチレク」 餃子屋の美人従業員を尾行せよ!

20190211_tachireik_gyoza_1.jpg
いつもの餃子屋

20190211_tachireik_gyoza_2.jpg
いつもの餃子

ところが何と今回は、この餃子屋で新しい発見が!

詳しくは後日、上記の過去記事に追記予定。


相変わらず何もないタチレクだったが、ブラブラしていると、バンコクには無い非日常の光景に多々出会えるので、そういった面ではよかったかなぁ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/481-68ada7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック