タイ メーサイの国境 車やバイクの駐車場 【ミャンマーへの越境時】

ここでは、「タイ メーサイの国境 車やバイクの駐車場 【ミャンマーへの越境時】」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2019.02.16 | 更新:2019.02.19
20190216_maesai_parking_cover.jpg

前回は、タイ最北の街「メーサイ」から ミャンマー側の「タチレク」と言う町へ、最近できたビザ免除の制度を利用して、陸路で越境する最新情報を書いた。

その時(と言うかいつもだが) 俺達は車だったので、タイ側 国境の街 「メーサイ」 に車を停めて(預けて)国境を越えた。


タイにおいて、自動車やバイクの自走関係の情報は、1万人読んでも1人位しか役に立たない情報がほとんどだが、

「俺の知ってる些細なことが 誰かの役に立つのなら」

これが俺のブログのポリシーなので、今回も、メーサイで車やバイクを預けて越境する場合の情報を書かせてもらう。


車やバイクに乗ったまま 陸路国境は越えられるのか?


タイで自走での車旅行、自分の車以外にレンタカーやレンタルバイクなどで回る人もいるだろう。

そんな時、

「車やバイクで そのまま国境を越えちゃえば、、、」

なんて考える人もいると思う。


まずこの点について書いておくと、

  • 自分名義の車の場合、車のパスポートの様な書類(管轄の陸運局で申請)があれば、車を運転したまま越境は可能。

  • レンタカーの場合は不可。

これが一応の原則で、バイクの場合もほぼ同様。


では タイ人観光客達はどうしているのか?


20190216_maesai_parking_1.jpg

メーサイ・タチレク国境は、車やバイクの往来も頻繁にあるが、殆んどは商用若しくは近隣住民などであり、通常のタイ人観光客は メーサイ側に車を置いて越境するパターンがほとんどだ。

ミャンマー側タチレクの街でも、走っている車のナンバープレートを注意して見ていたが、タイナンバーの車はほとんど見かけなかった。

但しタチレクの街では、レンタルバイクなどのお店が無いので、俺の様に 暑い昼間は30m以上歩けないタイ人化した人にとっては非常に不便。


メーサイ・タチレク国境での 車の駐車(保管)方法


おおざっぱに言うと、越境前 メーサイでの車の駐車(保管)方法は3通りある。

  1. メーサイで前後宿泊するホテルで交渉し 預かってもらう

  2. 国境付近の駐車場サービスを利用する

  3. 路駐


「1.」 に関しては、以前のエントリーでも書いたが、ホテルにもよるので、あくまでも俺の経験からだ。

上手く交渉すれば無料で預かってもらえる。


「2.」 に関しては、国境沿いのタイ側に、何件も車預かりの駐車場が存在する。


「3.」 に関しては、ずいぶん昔は、国境イミグレのすぐ目の道路に車を停めてミャンマー側に入国したりしていたが、今は時代が違う。

現在では越境する場合、車やバイクを長時間路駐するのはやめておこう。

特に、越境してミャンマー側に宿泊する場合は、駐禁以外に盗難などのリスクもあるので、絶対に避けた方がいい。

国境付近の街は、都市部などとは状況が違う事をお忘れなく。



メーサイ国境付近 お勧め駐車場の選び方


そんなモロモロの理由から、メーサイ・タチレク国境付近のタイ側には、車を預かってくれる駐車場が沢山ある。

国境イミグレ手前では、「車預かります」みたいなタイ語の看板をもったおっちゃんもウロウロしている。

そして裏通りや細い道沿いにも、何件もの駐車場が営業している。

20190216_maesai_parking_2.jpg
駐車場の看板

そのほとんどが、入口は狭く奥まった所に駐車場がある場合が多く、片手間で2-3台預かる所から、屋内できちんと保管するところまでピンキリだ。

入り口の兄ちゃんにつられて入っていくと、「えー、ここに預けるのぉ~??」みたいな所も結構多い。


俺は基本的に、以下の点に注意して車を預けている。

  • 防犯関係がある程度しっかりしていそうな所 (特に夜間)

  • 屋根付き (タイで長時間の直射日光直撃駐車は最悪だ)

  • 車の鍵は預けなくてもいい駐車場

  • 商用ピックアップトラック等の駐車が少ない駐車場

  • ある程度の規模でやっている駐車場

なんていうのが基準かな。

特に最近 俺が預けている駐車場は、イミグレ関係者などとも懇意な様で、その方面の職員も頻繁に出入りしており、安心して預けられる。


ちなみに、

「車預かります」

「鍵は預かりません」

などのとあちこちに書いてあるが、ほぼすべてタイ語オンリーなので、タイ語の読めない人にはちと不便。

20190216_maesai_parking_3.jpg
たまーに、「停車」などと中国語(多分)や「Parking」と書いてある所もあるが、非常にまれ。


駐車場の場所と駐車料金


駐車場は、主にメーサイ側の国境沿いに点在する。

一番わかりやすいのは、タイ側国境イミグレの左脇から細い道に入り、左右に分かれた道沿いにある駐車場だ。

20190216_maesai_parking_4.jpg
矢印の方向へ進んで行き その後左か右へ


駐車料金は、通常期であれば大体下記のような感じ。

  • 日中は1日40-50バーツ位

  • オーバーナイトは1泊100バーツ前後

といったあたりが、現在の相場かな。


例えば1泊2日で止める場合、まず預ける時に その日の日中駐車料金50バーツ(預ける時間にもよるが)を払う。
そして 翌日戻ってきたら、オーバーナイト分の100バーツを支払い。

但し、戻ってくる時間が遅いと、出庫する日の日中料金50バーツも追加でかかる。

その時間の区切りは、9時頃だったり10時頃だったり駐車場によってまちまち&駐車場の兄ちゃんの気分次第。

この辺は良くも悪くもタイランド。


注意点としては、ほとんどの駐車場は、営業時間が24時間ではなく日中のみの営業なので、預ける時には必ず営業時間の確認し、万が一に備えて電話番号も聞いてこう。


バイクの場合


チェンライ辺りでバイクを借りて、上記の様な旅行パターン (メーサイから国境越え タチレクへのショートトリップ) を考えている人もいるだろう。

チェンライからメーサイへは、平坦なコンディションのいい一本道の国道なので、近隣山岳地帯のデンジャラスな山道とは違い、レンタルバイクなどで行くのもたやすい。


その場合 バイクに関しても、国境の街では、今回紹介した様な駐車場でキッチリ預かってもらう事を強くお勧めする。


「路駐して、戻ってきたらバイクが無い!」

なんて事になったら最悪だ。


「バイク預かります」と書いてある駐車場は少ないが、言えばほとんどの駐車場で預かってくれる。

そんなに高い料金ではないので、不必要なリスクは取らないようにしよう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/482-0e49af85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック