「きせき郎」で口直し@麺場 きせき(トンロー本店)

ここでは、「「きせき郎」で口直し@麺場 きせき(トンロー本店)」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.08.28 | 更新:2016.03.24

前回記事に書いた様に、フジヤマ55の「まぜそば」でちょっとがっかりだったので、後日間髪を入れずに、口直しでトンローのラーメン屋「麺場 きせき」へ。
(場所:google 座標 13.724322, 100.579579 )

いつもの様に「きせき郎」を注文しようとしたが、店員が新人の年配おばさんで、ニンニク多めがどうしても通じない。

日本語で言ってもタイ語で言っても解って貰えない。

まあタイ語の方は、俺の発音が悪いんだが。

仕方がないので古株店員に変わってもらって事なきを得た。

年配者は、店員であろうと常に敬うべきとの考えをもつマシマシなので、

「おばちゃん”ニンニク”って日本語は初めに覚えてね!おばちゃん頑張れ!」

と、心の中で叫んでエールを送った。


さてと肝心のラーメン。

20150828_ksk_1_2.jpg
きせき郎 ニンニクマシマシ! B200


まずはスープを一口。


薄すぎずる事もなく、しょっぱすぎる事も無く、完璧だぁ。

やっぱりこうでなくちゃ。


豚は見た目通りのいつものガチ豚2枚(笑


いつもの様にスープに沈めて後回し。


今日は野菜が結構クタっていた。


シャキシャキ感はないが、ちょいクタ野菜が好みの俺には、以前のバリ硬生芯よりははるかにいい。

所が、食べ進めると突然 柔らかいのに冷たい野菜の一角が出現???

常温じゃなく「つ・め・た・い」

ははーん、これでわかった。調理時間短縮の為、前もって茹でてあるようだ。

俺が当たった冷たい野菜は、何の手違いか温めなおしから漏れてしまったのかもしれない。

まあ味には影響ないので、冷たい一角はスープに沈めて後回し。

一件落着。


脂は最近進化している!


脂はここ最近、大粒な物も結構入っているが、当初に比べると柔らかく、思わず浮いてる脂もすくって食べてしまう位の出来だ。

危ない危ない、健康の為にもウマ過ぎ脂は要注意。

いわんや脂マシなんて30歳までだ。

だが結局この日は、スープの中の脂を全部すくって食べてしまった。

反省。


ごちそうさまでした!

ニンニクマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!

いつもの注意:
実際には、お店でタイ人の店員さんに「ニンニクマシマシ!」とは言いません。
あくまでもイメージです。
特に日本の二郎で注文する時の様に、低くドスのきいた声で注文してはいけません。
「ニンニク多めでね」と優しく言ってあげましょう。


関連記事
ニンニクマシマシ!
麺場 きせき(本店)@トンロー
病み上がりの栄養補給と言えば、やっぱりこれだぁ!
連休中もマシマシだ!@麺場 きせき(トンロー本店)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/64-5170e137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック