XJ601 成田ードンムアン ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED)

ここでは、「XJ601 成田ードンムアン ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED)」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.10.07 | 更新:2016.11.18
今回の日本滞在は、野暮用を済ませてバンコクにとんぼ返り。

久々の日本満喫からは程遠かった。


往路同様、復路 (成田ーバンコク) もエアアジアを利用。

タイ エアアジアX XJ601便
ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED)
成田 09:15 - ドンムアン 13:50


成田空港チェックイン


今回は、行きのドンムアン空港同様Webチェックイン済みの客が多く、チェックインカウンターの列よりも、Baggage Dropカウンターの列の方が混んでいた。


俺は優先カウンター利用だったのだが、成田では このカウンターへの列が曲者。

途中まで上記のBaggage Dropの列と同じラインなので、割り込むような形で人をかき分け優先カウンターへ。


搭乗する便の詳細をプリントした紙は持っていたが、わざと何も言わずパスポートだけ出してみた。

「タイを出国する航空券、若しくはタイ国滞在ビザ」の有無は確認されたが、それ以外は特に何かを聞かれる事も無く、無事に搭乗券が出てきた。


俺の後ろにも客はおらず暇そうだったので、カウンターのスタッフに聞いてみた。

チェックインの時は旅程表などの印刷物が無くても大丈夫なのかと。

すると、パスポートの名前と番号で判断するので、特に必要は無いとの事。


ほんとかなー???

まあ、この辺は自己責任で。


でも確かに、レガシー航空会社のイーチケットの場合でも、俺は印刷物を出した事は一度も無い。

いつもパスポートだけだ。


但しLCCの場合は、何かにつけて客の落ち度をネタに金を徴収するのがビジネスモデル。

油断は出来ない。


世界一使えないラウンジ


20151007_xj601_1.jpg
20151007_xj601_2.jpg
チェックイン終了後は、いつものラウンジへ。

20151007_xj601_3.jpg
朝からビール。(一杯だけ無料)

20151007_xj601_4.jpg
飲食物の持ち込みは出来ないので10分で退室。

世界一使えないラウンジだ。


その後は空港施設内でまったりと


ラウンジを出たらまずは朝飯。

20151007_xj601_5.jpg
アナゴ寿司を買って、いつもの休息エリアで美味しくいただく。

その後、機内でのちょい飯用にコンビニでおにぎり購入。

20151007_xj601_6.jpg
機内で臭わない様、今回は「わかめのおにぎり」をチョイス。

おにぎり1個におしぼりまでつけてくれるセブンイレブン。

さすがコンビニ戦争の勝ち組だ。

20151007_xj601_7.jpg
出国直前に肉まんも買ったが、我慢できず搭乗前に食べてしまった。


その後出国審査を済ませゲートへ向かう。

今回は、サテライト側の遠いゲートではなく、手前の70番ゲートからバスで飛行機へ。


飛行機搭乗


バスに乗って駐機場へ向かうと、いつもの様に真っ赤な機体が目に入ってきた。

通常であれば。真っ赤なボディーに白抜きの文字で「AirAsia.com」とか 「Now Everyone Can Fly」 などとでっかく書いてある。


ところが今回は、真っ赤な機体に描かれているデカい文字が、

20151007_xj601_8_2.jpg
何故かハングル???

なんじゃいこりゃ。

勿論読めないんで、何が書いてあるか不明だったが。


それにしても、おいエアアジア。

昨今の日本の国情を考慮したら、日本路線にこの機体はあり得ないだろ。


だからもしかして、ターミナルからの搭乗じゃなく、バス移動で空港端の駐機場からの搭乗だったのかもしれない。


*当日 写真は取れなかったので、後日AviationWA(外部リンク)からお借りした。


ド派手なキャビンアテンダント


機体側面にバス到着。

タラップを登り機内に入ると、いきなりド派手なCAが目に飛び込んできた。

今回は男性CAはおらず、ビジネスは全員女性スタッフ。

  • 鼻はもろにシリコン。

  • 胸元のチャックはフルオープン。

  • スカートは、スリットをいじっているのか、わざと短く履いているのか、太もも丸出し。

  • おまけにしゃべる英語も、品性に欠ける教養の低さ丸出しの喋り方。

  • もちろん日本語なんて全くダメ。


まるで、ナナやパタヤのゴーゴーから連れてきて赤い服を着せただけって感じのネーちゃん達だった。

まあ俺は男だから悪い気はしないが。

それにしても・・・

さすがエアアジアだ。


機内設備とサービス


機内設備とサービスの詳細は、往路便と同じなので前回のエントリーを参照して下さい。

食事に関しては、離陸後のサーブか到着前がいいか、ゴーゴー嬢CAにあらかじめ聞かれる。


復路便の機内食(往路便同様1食目なので無料)は、通常ミールより値段が高くお得感のある弁当セットをブレブックしてあった。

20151007_xj601_9.jpg
Bento Set (通常価格は380バーツ!)


まあ一言でいえば、他の通常ミールと同感想。

「腹が膨れれば満足」といった程度。

食べてみたら、お得感は全く無かった。

日本滞在で、久しぶりに上手い物を食べた後だけに、期待する方が間違っていたのかもしれない。

少なくとも、日本人が380バーツも払って食べる様なものではない。


一応1食目無料なんだが、「それを食べない代わりに、コンビニ弁当でも何でも自由に持込み可」なんてオプションを付けて欲しいと思った。

タイ在住者にとっては、無料の不味い和食より、数百円のコンビニ弁当の方が はるかに価値がある!


上記の食事以外では、上級クラスと言えども特筆するサービスは何も無い。

前回書いた様にエンターテイメントシステムも全く無し。

食事の時間以外は、自分のタブレットに入れてあった映画を見て残りの時間を過ごした。


ドンムアン到着


到着後のパスポートコントロール、相変わらず大陸の方がたくさんいて異常な位騒がしい。

我慢して並び俺の番。


ちなみに俺が現在保有するビザの期限は

15/XX/2016

これがが入国スタンプの滞在期限になるはずが、イミグレ職員が間違え、

5/XX/2016

となっていた。


パスポートを受領し係員の横を通過直後に気づいたので、すぐに戻って訂正依頼。

危ない危ない。


イミグレのおネーちゃん、ニコニコしながら「ごめんねー」と言いつつボールペンで「1」を書き足し終了。

たったそれだけかよ。

「1」書き足す位なら俺でも出来るぜ!


入国そうそう、いい加減なタイランドだ。


下に降りると、優先タグがついていた俺の荷物はすでにベルト上。

荷物を引き取り、免税店でワインを1本買って無事に入国完了。

B級グルメのマシマシ、今回チョイスした庶民派ワインは

20151007_xj601_10.jpg

20151007_xj601_11.jpg
MOUTON CADET 2012 650バーツ

日本で買うと1700円前後(現在のレートだとB500位)、タイ国内ではB840-850位だ。

日本で買って、預け荷物に入れて持ち帰っても良かったのだが、カバンの中で割れるといやなんでドンムアン到着時に購入。


入国後の空港内タクシー乗り場は長蛇の列。

俺は知り合いに迎えに来てもらってたので助かったが、急ぎの方は施設外でタクシーを。
ドンムアン到着、流し(空港施設外)のタクシーの拾い方。(過去記事)


ドンムアン空港、古いけど 昔の良きタイの思い出が色々と湧き上がってくる懐かしい空港だ。

うまく表現できないけど、到着時 スワンナプームより落ち着く感じがするのは俺だけだろうか。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
エアアジア XJ607 成田ードンムアン 20:15ー00:55
コメント
この記事へのコメント
LCCじゃなければ、無くても問題ないキャリアが多いですね。

私がよく使うキャセイだとチケット見せる必要がないです。

これが、ヨーロッパのLCCだと危険だったりします。

下記のブログをご覧ください。

エアアジアで慣れると危ないですねw

http://www.luisaq.com/1679.html
2015/10/09(金) 14:25 | URL | yoshio #qbIq4rIg[ 編集]
yoshio様
コメントありがとうございます。

該当ブログ拝見いたしました。
「ひえぇ~~」って感じです。
小心者のマシマシ、これからはエアアジアと言えども絶対印刷しておくようにします。
2015/10/09(金) 18:09 | URL | マシマシ #-[ 編集]
そ言えば、タイの運転免許証で
タイ国内線のチェックインが出来るのは、ご存知ですよね。

この免許証、期限が切れててもOKとの情報を得てたので、
以前にドンムアンで確認をしました。

わざと期限の切れたタイ免許証でエアアジアのチェックインをして、
期限が切れてる事も自己申告しました。

エアアジアのGHは、
「マイペンライ カー(無問題)」
と言うだけなので、

ルール的にOKなのかを尋ねたら、
OKだと言いました。

そのOKが本当にOKなのかの
確証はありませんが、そう言いました。

小心者の私は、もしもの為に、
パスポートも持っていたのは、
言うまでもありませんが。。。
2015/10/09(金) 20:58 | URL | yoshio #qbIq4rIg[ 編集]
yoshio様
コメントありがとうございます。

私もタイ国内線は同国免許で乗っています。
以前のエントリーで書いた様に、車と二輪共に本年度取得なので、まだ期限切れではありませんが。
将来期限切れでトライするとしても、Yoshioさんの様に2次手段を忍ばせての利用になるかと思います。
証明書類は、お金を払って解決というわけにはいかないので、飛行機に乗れなかったら旅行がパーですので。
やっぱりタイ人の「マイペンライ」は要注意ですよね。


2015/10/10(土) 10:31 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/78-2143e0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック