TRUE INTER SIM、TRUE MOVE のサービス停止に伴いSIMの交換。

ここでは、「TRUE INTER SIM、TRUE MOVE のサービス停止に伴いSIMの交換。」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.10.19 | 更新:2016.01.12
過去のブログエントリーで、その過程を何回か書いてきたが、

ある日突然 TRUE INTER SIM の有効期限10ヶ月分がが消滅した!(過去記事)
TRUE INTER SIM、消えた有効期限 その後。 今度は期限が増えてる!(過去記事)

遂に、現在使っているTRUE MOVE のTRUE INTER SIM 、「サービス停止と切り替え期限」の最後通知のSMSが来た。


According to NBTC announcement, True Move will end the service on 18Nov.2015. To continue using this number, pls contact your customer service by 17Nov.2015.



TRUE MOVEの「トゥルー インターシム」が、遂に使用停止へ。


電脳系には弱いマシマシ。

正確な理由はわからないが、今使っているシムが2015年11月18日をもって使用できなくなる事は確かだ。

一応同じ番号を継続したいので、サイアム パラゴンの「TRUE SHOP」へ行って手続きする事に。。


トゥルーショップでシムの交換手続き


「TRUE SHOP」は、AISやDTACなどに比べ、サービスカウンターが何故かいつも激コミだ。

12時前なら少しは空いているだろうと考え、平日の昼少し前に行ってみた。

ところが客も少ないが、スタッフも少なかった。

12時を回ると、シフトの関係か新規スタッフが大量に出てきたが、結局30分は待たされた。


但し大型SCのカウンターがいいのは、必ず英語対応のスタッフがいる事だ。

タイ語のつたない俺には非常に助かる。


作業自体は20分位で終了。

新しいSIMを渡された。

3日位で旧SIMが使えなくなるので、そうしたら新SIMへ交換してくれとの事。


俺が確認したかったのは下記の3点だ。

  1. 以前同様 「00600」 を使って、日本の固定電話に1分1バーツでかけられるのか?

  2. 新SIMに移行後は、旧有効期限は引き継がれるのか?

  3. 現在の残高はそのまま移行されるのか?


1.の件を聞いた時点で、スタッフの兄ちゃんは「オッケー・オッケー」を連発。

「こいつ、何も調べないで、日本への通話料金が全部わかるのかよ???」

適当指数100%

この時点で、2と3は聞くのをやめた。

タイでの長い経験からだ。


あとは出たとこ勝負。

SIMが切り替わってから対応しよう。


旧シムのサービスが、翌朝いきなり停止!


3日程で切り替わると言われていたので、翌朝は旧シムのままお出かけ。

外出先から日本に電話する用事があったので、旧シムの刺さった携帯から電話。

ところが、、、

かけられない!

受信も出来ない!


アンテナは立っているが、どうやらすでに新シムに切り替わり使えなくなっている様だ。

まだ数日あると思っていたので、新シムは持って来ていなかった。

まいった、まいった。


新シムへの交換と動作確認


家へ帰って早速シムを交換する。

SIMデータ移行手続き確認のSMSが来ていた。


Your number is now upgrading to TrueMoveH. There may be some effect on calls & data. Once completed, your TrueMove signal will be lost or you can't use your phone as usual. Pls turn off and on your phone to start service with TrueMove H. Thank you.



無事に機能する事を確認。

おー、残高もきちんと移行されている。


有効期限は、、、

これも移行前と同様だ。

但しこれに関しては、本来文句を言いたい。

一時期、チャージにより使用期限が最長2016年の6月まで伸びたが、その後減ったり増えたり。

ひどい時は、一日で10か月分の有効期間が減った。

まあ変だと思ったんで、あまり残高を残さない様にチャージしていたので、大きな被害は受けないが。


「00600」 日本の固定電話に1分1バーツは継続


後日、所用で日本の固定電話へかける用事が出来た。

丁度いいので、通話時間と残高の減りをチェックしてみた。

おおよそ1分あたり1バーツ台の計算で通話ができたので、おそらくこのサービスも継続の模様。

一安心だ。


ここ何ヶ月か、トゥルーには本当に振り回された。

メインのシムでなかったのだけが幸いだ。


その後さらに数日後、新SIMにTRUEから再度

「このシムは使えなくなるので、番号継続を希望する場合はカスタマーサービスへ」

と、手続きが終わっているのにも関わらず、再度SMSが送られてきた。

アホ丸出しのトゥルー!

呆れて言葉も出ない。


こんな事も日常茶飯事。

受け入れていかなければいけないのがタイランド。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/85-86b7c8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック