「タイのマンゴー」(続編) 究極の選び方!これなら毎回ハズレ無し。

ここでは、「「タイのマンゴー」(続編) 究極の選び方!これなら毎回ハズレ無し。」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.11.06 | 更新:2015.11.06

前回のエントリーで、バンコク郊外でマンゴーを買った話しを書いた。

「タイのマンゴー」甘くて最高!最近では一年中美味しく食べられる。 (過去記事)

タイでフルーツを買うときに一番ハードルが高いのは、甘い物・美味しい物を見分ける目だ。

道端で売っているカットフルーツなどは、すでに切ってあるので 美味しそうな物の見分けもそう難しくない。

しかし、中身が見えないフルーツ等を買う場合は、知識が無いとかなりの当たりはずれを覚悟しなければならない。

特に外国人には、ぐっとハードルが上がってしまう。


一般的なマンゴーの選び方


タイで一般的にマンゴーを選ぶ時のポイントは、

  • 品種 (ナームドクマイ)等々。

  • 表面の状況(色、艶、ハリ、黒点、密の浮き具合、etc)

  • 持った時の重量感


などが、ポイントだと言われている。


それでは一つずつ順を追って説明を、、、、


なんてことは俺が書くよりも、先人の方々の素晴らしい経験や情報を参考にした方が、よっぽど正確で為になるだろう。

自分の「目利き力」にチャレンジしたい方、その辺の目安に関しては、各自それぞれググって調べてほしい。

今回これから書くのは、ぐうたらマシマシの他力本願購入法だ。


ひと味違う、俺のマンゴーの買い方。


俺の場合、マンゴーの買い方のコツはズバリ、


タイ人に買ってもらう!

?????


たったこれだけだ。

所詮俺たちは外国人、タイ語もつたないし、しかもマンゴーのプロでも何でもない。

じゃあ、その道のプロは誰か?


勿論「お店の人」!


やっぱり一番よく分かっている。

但し、個別にお店の人と懇意になるには時間も手間もそうとうかかる。

だから俺は、そういうお店の人と仲良くなって、上手くコミュニケーションをとれる口八丁なタイ人を何人かキープしている。


あなたの周りにもいないだろうか?

初対面でもすぐに他人と打ち解け、相手の懐に入るのが異常に上手いタイ人が。


お店の人だって人間だ、親近感のある客や常連客に変なものは勧められない。

自分で生半可な知識で選ぶよりもよっぽど確実。

デパートや アルバイトが売り子の出店などでは効果が無いが、それ以外のシーンでは効果絶大!


昨日のエントリーで書いたマンゴーの購入も、俺の「持ち駒タイ人」に全てを任せた。

今回も「俺の持ち駒」、お店のおばちゃんんと親しそうに話し、俺の分は買った日から一週間、毎日順番に食べ頃になる様にアレンジまでしてもらって購入。

他にもタイ人の土産用には、「甘すぎず少し酸っぱめが強い物を」等々、色々注文を出してそれぞれ最適な物を選んでもらっていた。

普段はベラベラ喋りまくるので、うざいと思うときも多いが、こういった時には本当に役に立つ。

俺の様に、タイ語の読み書きも出来ず一般人との会話もつたない人は、ぜひ俺の様に「使えるタイ人」を何人か確保しておくことをお勧めする。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/94-124ca4ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック